上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の旅はスイスエアーを利用したのですが、プラハからチューリッヒまでの飛行機で、ぼーっと座席に座っていてふと前を見たら、入ってきた男性がMTTではありませんか!

色調の違うブルーのジャケットにポケットチーフとシャツ、黒のパンツに丸い形の黒いセルフレームの眼鏡をかけています。頭には、カレル橋のたもとのみやげ物屋で売っているような、色んな色で「PRAHA」と書いてある野球帽をかぶっていました。

こういういかにも的みやげ物って、今どき買う人がいるのかなと思っていたら、、、、いました。MTTが!

飛行機を降りてターミナルへのバスに乗ったら、彼がひとりで座っていたので、思い切って声をかけ、コンサートの感想とお礼を言うことができました。後からお連れの方がみえたのですが、それが以前サンフランシスコシンフォニーに日本からの応援メッセージを送ったときに応対してくださったキーザー氏だったため、MTTにこのブログの話をしてくださいました。良かった。

舞台でハンプソンと並んだMTTは、細くて小さく見えましたが、近くで見ると細くも小さくもなかったです。今回もともとオーストリア航空を利用する予定が、直前にホテルのからみでスイスに変更したということと、たまたま私がMTTに近い席の通路側に座っていたため気づいたという偶然でした。びっくり。

私はもう心拍数が上がったまま、いつもは飛行機に乗った瞬間から爆睡モードなのに、今回は成田への便に乗ってからも興奮して眠れず、着いたときにはどっと疲れが出ました。

無事に旅を終えることができましたが、本当に思い出深い旅行でした。快く送り出してくれた夫とMTT&SFSに感謝。


スポンサーサイト
昨夜の公演で既に最高潮に達した感がありましたが、公演2日目です(5/25)。

マーラーは、ホールの関係もあるのか、ウィーンの出来の方がよかったような気がしました。ウィーンで一曲目の後拍手が起こり、拍手しないでとハンプソンが言う場面がありましたが、今日はティルソン・トーマスが最初に、連続した作品であり、次の曲への間と静寂が重要だという話をしました(昨日は携帯の件もありました)。観客のマナーは、ウィーン・プラハと比べても東京の方がよいと思います。

話をした甲斐あって、最後に歌った原光は、静まりかえった中で信じられない美しさでした。お客さんも大喜びで、アンコールで最初に歌った「塔の中の囚人の歌」をもう一度演奏。

後半のツァラトゥストラも渾身の出来だったと思います。もうサンフランシスコシンフォニーの弦の響きが薄いとは言いません。金管も弦も、響きのブレンド具合までよく計算されていると思いました。

アンコールはウィーンと同じで、ローエングリンからとアメリカンなワルツ。このワルツ、ディズニーランドでメリーゴーランドに乗っているような曲なのですが、私はこの曲が一番彼ららしいと思いました。

2日目のプログラムは、1日目と違ってはじけられる曲ではありませんでしたが、彼らの魅力全開だったと思います。ティルソン・トーマスはプラハと相性がよいみたいで、「プラハで演奏するのは大好きです」と挨拶していました。

これで彼らの春のヨーロッパツアー4公演をすべて聴いたことになります。総括すると、やはり音楽は一期一会だということ。同じメンバーで同じ曲であっても、お客さんや場所によって音楽がひとつひとつ違うということを強く感じました。MTTの観客をなごませる術とか、オーケストラを盛り立てていく気遣いなども印象的でした。

そして何といってもサンフランシスコシンフォニーの海外公演は楽しい。プログラムもパフォーマンスもすべてに「これがサンフランシスコシンフォニー」というものがあります。サンフランシスコでの通常公演は毎週4日もあって、それで完成度を上げるには実質的に限界があります。仮に日本公演が実現したとしても、ハンプソンクラスのソリストが参加するとは考えられない。とすると、ヨーロッパ公演は狙い目です。皆さんも機会があったらぜひお出かけください。次回ヨーロッパツアーは、8月末から9月中旬です。

さて、私のウィーン・プラハの旅もこれで終わり。一人旅で何か成長するかと思いきや、人間10日くらいで変わったりはせず、MTT&SFS大絶賛状態に拍車がかかっただけのような気もしますが、ドンマイ。
プラハの春音楽祭、やって来ました。日本を出るときは、プラハの春でチェコ・フィルもわが祖国も聴かないなんて、さすがの私もちょっと変か?と思ったものの、ウィーン公演を経、それもすっとんでいます。音楽祭はとても華やかな雰囲気で、アール・ヌーヴォーの建物に似合っていて素敵です。

20070526075659.jpg

会場のスメタナホール


演奏会は、プラハのお客さんがウィーンよりも反応が良かったため、あれよあれよという間にボルテージが上がり、MTTはノリノリの絶好調状態に。

「妖精の口付け」の一曲目の最後の静かなところで、「えっ、こんな音あったっけ?」と思ったら、何と携帯電話の着信音。でも奇跡的に曲調にマッチした音だったのです。ティルソン・トーマスは、すかさず客席に振り向いてOKというようなジェスチャーをしていました。

3楽章の交響曲のリズム感は、もうこの人たちにしかできないクールさです。この曲は、ピアノが重要な役割を果たしますが、ピアニストは純粋クラシックの人ではなく、クロスオーバーな活動をしている方なのでしょうか?ロン毛を束ねた男性ピアニストだったのですが、センスがばっちり合っていました。

「冬の日の幻想」は、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団コンビの真骨頂だったと思います。ウィーン公演では、どこかやろうやろうとしているように感じられましたが、プラハでは音楽が自ら動きだしたという感じです。ティルソン・トーマスはオーケストラにすべて任せて、ポイントだけ押さえていく感じなのですが、オーケストラはすべてをわかっていて、一つになった音楽が加速しながら動いているように感じられました。

ウィーン公演の1日目よりも5割増しくらいの出来で、彼ら自身も会心の演奏だったのではないでしょうか。私の前でやってくれてありがとう。出かけていった甲斐がありました。

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団は、今コンビとして重ねてきたものの成果が花開いている状態だと思います。こんなに音楽監督がべったりはりついて自分たちのサウンドをつくり上げているオーケストラは、他にないのではないでしょうか。今聴くべきコンビだと切に思います。

*プラハでのコンサートのプログラムは、1・2日目ともウィーンと同じ(アンコールも)
プラハに着きました(5/24)。観光客であふれています。

20070526075203.jpg

ずっと眺めていても飽きない景色です。


もともとプラハの一日目は、前にこのブログでも紹介した韓国のピアニスト、クン・ウー・パイクのベートーヴェンのピアノソナタの演奏会に行く予定にしており、とても楽しみにしていたのですが、ウィーンで3楽章の交響曲のリズム感にやられてしまった私。もはやピアノを聴きに行っている場合ではない!ということで、今日もサンフランシスコシンフォニーで決定。

パイクのチケットがもったいないので、代わりに行ってくれる人を探すことからプラハの旅はスタート。ルドルフィヌムの前で写真を撮っている、一人旅っぽそうな人に声をかけてみますが、難しい。観光客はツアーの団体か年配のご夫婦が圧倒的に多い上に、昼間観光して疲れているのに、ベートーヴェンでしかも30・31・32番。よっぽどピアノが好きじゃないと行かない。見るからにコリアンな人にもトライしてみましたが、興味なし。これ以上やっていると疲れてしまうので、あきらめました。パイクさん、ごめんなさい。次の機会には必ず聴きに行きます。

それにしても、プラハの街はクラシック音楽のコンサートの勧誘がすごい。前に来たときは8月で、コンサートのシーズンオフだから観光客向けのコンサートを代わりにやっているのかと思っていたら、これは一年中やっているのですね。びっくりしました。

新しい街に移ると、その街のペースに慣れるまで疲れます。街角で皆が並んでいたジェラートを食べました。人口香料だったのですが、暑くて疲れていたのでおいしかったです。
プラハへの列車まで時間があったので、ウィーンでのもろもろをつづります。


まず何といっても暑かった。連日25度はある感じです。8月に来たときよりも暑い。昨年12月に行った知人もあまり寒くなかったと言っていたし、地球温暖化の影響なのでしょうか?

20070524160532.jpg

市民公園横の通り。緑が鮮やか。

次は、ウィーンフィルのシェーンブルンでのコンサート。5/24なのであいにく私は聴けませんが、入場無料で何万人も来るそうです。街中に掲示がされていました。どんな状態なのか行ってみたかったです。

20070524160557.jpg

ホテルにも案内がありました。

昨日シュトゥットガルト放送響に行ったとき、オーケストラによって違って面白いと思ったことを一つ。シュトゥットガルトのメンバーは、始まる前や休憩時間にきれいに舞台からはけているのですが、サンフランシスコシンフォニーは、ほとんどのメンバーが休憩時間も練習しているということ。サンフランシスコは練習しないとMTTについていけない!

それから行くたびに日本食レストランが増えていて、日本人以外のお客さんでいっぱい。みんな当然のようにお箸を使って上手に食べていました。
ウィーンで旅の最後を飾るのは、ノリントン&シュトゥットガルト放送響。初めて噂のノンビブラートを生で聴きます(5/23)。

20070524065405.jpg

本日の会場、楽友協会。今日は日本人もいっぱい来ていました。


一曲目のワーグナー「ヴェーゼンドンクの歌」では、普通にビブラートをかけていました。人間の声と合わせると、ノンビブラートはさすがに違和感があるのかもしれません。

2曲目はブルックナーの交響曲第3番。こちらはノンビブラートです。金管、特にホルンの響きが新鮮。目が覚めるような感じがします。長いフレーズを歌うようなところは、ちょっと表現の幅が狭くなるのかなと感じましたが、和音が持続したときに、濁りのない響きのよさがよくわかります。

ノリントンの音楽は、きっぱりはっきりしていて、終楽章のコーダも一切もったいつけずにそのまま突っ切って痛快。MTTもそうですが、感動させようとはしません。

アンコールは、シューベルトのロザムンデ(正確には何ていうのでしょう?)。こういう和声の変わり目のはっきりした曲は、ノンビブラートのよさが活きます。さすがの選曲。

シュトゥットガルト放送響は、個々人の技量が高くて、素晴らしいオーケストラだと思いました。ブルックナーの交響曲があっという間に感じられるとは!

さて、今回ウィーンで行った6つの公演は、どれも充実していて、来てよかったと思うものばかりでした。明日はプラハへ移動です。
1日目の公演では、自分たちのフィールドを思い切り展開した彼ら。2日目(5/22)は、マーラーとリヒャルト・シュトラウスというウィーンゆかりの作品で、サンフランシスコ交響楽団の今を聴かせるというプログラムです。

今回、一曲目は挨拶がわりのコープランドでしたが、二曲目がマーラーだったのと、ハンプソンもいたということで、一気に盛り上がりました。

彼らのマーラーの蓄積はものすごいです。なにげないフレーズひとつとってみても、重ねてきた表現の説得力があります。ティルソン・トーマスはハンプソンに対しては、すべて彼に任せていました。見たことないくらい美しい風景が浮かび上がる瞬間があります。CDをお楽しみに。

三曲目のツァラトゥストラもサンフランシスコ交響楽団の良さが出る選曲だと思います。輝かしい音と弦のアンサンブルをフルに発揮していました。

アンコールは、ローエングリンから。これは一日目もやったのですが、彼らのスピード感と金管はウィーンのお客さんにも受けていました。

最後は、ウィーンといえばワルツ。ということで、これがサンフランシスコシンフォニーのワルツだというもの(多分アメリカの作曲家の作品)を披露して終わりました。

2日目のプログラムの方が、ウィーンのお客さんにもなじみがあったようで、私の隣の年配のご夫婦もやいのやいのの大喝采。

彼らのウィーン公演、やはり2日間のプログラムの両方を聴いて、サンフランシスコシンフォニーがどういうオーケストラなのかがわかるような気がしました。

そして海外公演というのは、演奏内容うんぬんとは別に、自分たちはこういうオーケストラだということをアピールする場なのだということを強く感じました。日本にやってくる多くのオーケストラも、同じように一生懸命工夫しているのかもしれないのに無頓着だったと少し反省しました。

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団コンビには、こういう楽しいクラシック音楽の世界があるということを世界中の人に聴かせる使命があると思うので、これからもがんばってほしいです。日本にも来て!

<コンサートの内容>
5/22
コープランド:交響曲第二番
マーラー:「少年の魔法の角笛」から(バリトン:トーマス・ハンプソン)
リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

アンコール
ワーグナー:ローエングリンより第三幕への前奏曲
アメリカンなワルツ(作曲者名を言っていましたが、よくわかりませんでした)
いよいよ旅の目的であるサンフランシスコ交響楽団のコンサートです(5/21)。

コンサートは、予想を超えて、「アメリカンで輝かしいサンフランシスコシンフォニーの世界へようこそ!」をぶちかましたという感じでした。

20070522140411.jpg

会場のコンツェルトハウス



どういう客層だったかというと、観光客ナシ、社交場として来ている人たちナシ、日本人ナシという、いまだかつて私がウィーンで体験したことのない、ローカルの音楽好きが平均年齢高めで集結した場だったのです。

その中で繰り広げられる、極限まで練り上げてあって、緻密に重ねられたアンサンブル、歌い上げられる美しさ。そしてノリノリでビートのきいたリズム、輝かしくてド派手なサウンド。

ファンの私でさえ、ウィーンに着いて以来連日聴いていたのとは違う世界に来ちゃったように感じられたのですから、地元のお客さんには、インパクトがあったことでしょう。

今回、アンサンブルの精度がさらに上がっていました。ツアーに向けて準備をしたことが伺えます。他では決して聴けないアンサンブルの連続でした。

演奏内容の細かい話は割愛しますが、期待していたところも、期待以上でした。ありがとうMTT。

「冬の日の幻想」が終わったときは、客席が何かあっけにとられたような、そういう空気もあったのですが、アンコール2曲でさらにぶちかまし続け、最後は客席もなごんで、めでたしめでたし。

「楽しくなければクラシックではない」を地で行くティルソン・トーマスが、自分たちの持ち味である、生き生きとした音楽を余すところなく披露したコンサートだったと思います。そして客層も反応も見込んだ上でかましてきたティルソン・トーマスの腹の据わりようが、だてにゴールデンゲートブリッジの前で革ジャン着て立っていないというか、ふるっています。自分たちのサウンドに余程の自信がなければ、ウィーンであそこまではできないと思いました。

これでこそサンフランシスコシンフォニー!

録音していたので、どこかで聴く機会があるかもしれません。

<コンサートの内容>
5/21 場所:コンツェルトハウス
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「妖精の口づけ」・三楽章の交響曲
チャイコフスキー:交響曲第一番「冬の日の幻想」

アンコール
ベルリオーズ:ラコッツィマーチ
ワーグナー:ローエングリンより第三幕への前奏曲
昨日(5/20)は、「ナクソス島のアリアドネ」に行きました。これが何の期待もせずに出かけたのですが、今まで聴いたアリアドネの中で最高かもしれないと思いました。オーケストラの編成が少ないという作品の特徴がとても生きていたし、歌もメリハリがあって非常に楽しめました。演出はカール・ベームの時代と変わらないような感じなのですが、きれいだったし、それはそれで良さがあるのかなという気がしました。観光客がどのくらいを占めるのかよくわかりませんが、お客さんもたくさん入っていました。

ところで、今ウィーン国立歌劇場はレクサスがジェネラル・スポンサーだそうで、チケットからパンフレットからあらゆるものがレクサスマークです。コーポレート・スポンサーは普通は複数並んでいるので、一社どころか一ブランドが個別の公演ではなく、全体についてこれほど突出しているのは初めて見ました。

トヨタにこの広告効果はどのくらいあるのでしょう?昨年サンフランシスコに行ったときは、街でレクサスが走っているのを何度も見ましたが、ウィーンでは見かけません。

ヨーロッパ系の企業が目立たない表示しかなく、レクサスだけが飛びぬけて表示されているのを見て、そのポートフォリオでいいのかと疑問にも思うし、日本人としては驚くばかりです。
長時間の奮闘により立ち見席に立った私。いよいよ公演です。プログラムはワルキューレの1幕とオテロの4幕。

記念公演ということで、客席の華やかさを期待していましたが、意外と地味でした(平均年齢が高いから?)。値段の高い席には日本人の姿もいくつもありました。

公演内容について、ドミンゴの歌自体は、今聴いてどうこうというものではありません。オーケストラも「今日は着の身着のまま来ました」的演奏でしたし(いつものウィーンフィルという意味)。演出やフンディングの家、デズデモナの部屋も「本当に今もこれでやっているのか?」と思いました。

でも主役ドミンゴの姿については、今できる範囲で決して破綻せずに“ドミンゴ”であり続けていることや、投げ込まれたお花をていねいに拾う姿に、賞賛以外はないと思いました。

途中、今までのウィーンでの出演作品を紹介するビデオが流れたり(1967年にドン・カルロでウィーンデビューをしたそうです)、最後に表彰やスピーチがあって、大いに盛り上がりました。今まで見たことがないくらい、カメラのフラッシュが光りました。オペラ座の外でも大きなスクリーンで公演を流していて、多くの人が集まっていたそうです。

何度も何度もカーテンコールがあって、ものすごいブラボーの嵐でしたが、私はこのブラボーは何に対するブラボーなのかと考えました。

今も歌えることに対してなのか、過去の功績に対してなのか、ドミンゴという存在自体に対してなのか?

おそらくスター不在の現状にあって、みんな手放しで一緒に熱狂できる存在がほしいのではないかと思いました。そう考えると、このドミンゴ人気は皮肉にも思えます。

朝10時に並び始め、終演は11時をまわっていました。13時間も費やしたこの公演、貴重な体験でした。

ドミンゴのデビュー40周年記念公演、行ってきました!今回は、立ち見席初体験編と公演の感想編に分けてご報告します。まず、立ち見の話から。

20070520181409.jpg

立見席 3.5ユーロ

インターネットで700ユーロの値がついたというこの公演。ボックスオフィスで、とにかく朝早くから並ばないと立ち見席にも入れないと言われた私は、朝6時に目が覚めたので、何はともあれシュターツオーパーに行ってみました。

すると寝袋がずらっと並んでいて、一番装備が軽い人でも椅子と毛布持参でした。それらを何一つ持っていなかった私はそれを見ただけでひるんでしまい、とりあえずホテルに戻って朝ごはんを食べることに。

お天気が良かったので、今日はサイクリングにしてしまおうと思ったのですが、もう一度だけシュターツオーパーものぞいてみようと、一応並ぶ準備もして、10時ごろ向かいました。

行ってみると、思ったほど人が増えていなくて入れそうです。並んでみることにしました。携帯用の椅子がなかったので、ビニール袋の上にタオルをのせて座ったのですが、硬くて冷たい。天気が良くても風が冷たいので頭が寒い。

でも周りを見ると、ご年配の方がたくさんいます。私の前は70歳くらいのチャーミングなおばあさん。旅行で来て1週間毎日観ているのだけれどドミンゴのチケットだけ買えなかった。どうしても観たくて並んだと言っていました。皆パワーあります。

暇つぶし用に持っていった浅田次郎の「プリズンホテル」が面白くて、防寒のために頭からストールをぐるぐる巻きにして、一人「フフ、フフフ」と肩をふるわせて行列に並んでいる日本人、怪しい。

途中、交代で列を離れられたので、天満屋で天ぷら食べたり(寒かったのでカロリーの高いものが食べたかった)、ホテルに着替えに行ったり(サイクリングの格好をしていた)できました。

お昼過ぎには、行列はものすごい人数になっていました。午後も延々と待ち続け、4時半に立ち見専用のチケット売り場の扉が開いて、中に入れてやっと開放されるのかと思いきや、開演80分前まで中で待っているだけでした。

そしてやっと手にしたチケット。今度は係の人の指示に従い2列に並んで入り口前で開場を待ちます。開場したら、次は順番に自分の場所を確保し目印をつけておきます。そしてもろもろの注意事項の説明があって、7時ごろやっと自由行動でした。

立ち見の感想は、意外と平気だと思いました。今回は人が多くて、バーがない通路にも立ち見客を入れていたのですが、その人たちは寄りかかるものがなくてつらかったと思います。

立ち見席初体験、楽しかったです。

(公演の感想へつづく)
今年のウィーン芸術週間のオペラは、ブーレーズ&シェローコンビによるヤナーチェク「死者の家から」。私もこれを観るために日程を組みました。

20070519160537.jpg

会場のアンデアウィーン劇場

舞台セットは、灰色の壁だけ(監獄の話だから)。これが場面によって角度やせり出しが変わるというアイディアは、以前ザルツブルグ音楽祭でやったドン・ジョバンニと同じです。字幕が固定した装置ではなく、この灰色の壁に映るのですが、場面ごとに場所が変わったり、会話では左右に分かれたりして、こういうやり方もあるのだと思いました。舞台上の99%が男性、かつ主役がいないという群衆劇で、群衆の扱いとか配色がシェローらしい。幕もバサッと降りてきました!やってくれてありがとう。

幕がバサッと降りる話についての過去の記事

音楽の方は、このオペラの音楽は狂気的に響くのかなと思っていたのですが、理路整然と聴こえました(ブーレーズだから?)。

それにしても、カテンコールでシェローとブーレーズが並んでいる姿を見るのは感慨深かったです。きっと他のお客さんもそうだったのでしょう。拍手がずっと続いていました。

プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。