上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の活動は、彼らが掲げているとおり「21世紀のオーケストラはいかにあるべきか?」を追求するものです。

したがって旧来の常識にとらわれない彼らのこの姿勢は、音楽の方向性、レパートリー、観客への音楽の提供の仕方、地元の音楽ライフの質を上げることなど、彼らの活動の全てに貫かれています。

オーケストラの役割を考えるとき、ヨーロッパのように公的な援助の占める割合が高い環境であれば、伝統的なクラシック音楽を一定のクオリティで安定して提供することこそが最も求められることなのかもしれません。そうだとしても公的援助は削減傾向にあり、客席を見渡すと観客の高齢化は進行、活路をどこに見出すか難しい局面を迎えています。

他方、アメリカのオーケストラは主に民間の支援で成り立っているため、安定した演奏だけではもはやクラシック音楽への支持は得られません。オーケストラの存在意義を必死に社会にアピールする必要があるのです。そこで彼らはオーケストラの存続をかけて、幅広い聴衆に門戸を広げ、地域社会へ貢献するという方向によりシフトした活動を展開しています。

サンフランシスコ交響楽団はそうした中にあって、単なる芸術団体から「地元の音楽ライフの中心機関」への進化をめざして先頭を走っているオーケストラです。

彼らの音楽や活動は、とにかく明るくて楽しい。これは米メジャーリーグが球場に行くこと自体が楽しいとか、アップルのiPhoneが買うことも使うことも楽しくできているとか、そういうこととよく似ていると思います。サンフランシスコ交響楽団は、地元のお客さんと継続的な信頼関係を築き支持を得るために戦略的に考え行動しているのです。そこには日本でも参考にできることが多々あります。

また彼らを見ると、オーケストラの成功は、芸術と経営両面の成功、プラス地元の経済的基盤の3つが揃って初めて実現されるということがよくわかります。

そしてティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽と活動を知ることは、私たち日本人にとっても、どんなオーケストラが、どんな音楽を提供してくれて、またどんなスタイルで音楽を聴く機会を持てたら、より音楽を楽しむ生活を送ることができるのかを考えるきっかけを与えてくれるのだと思います。
スポンサーサイト
KEEPING SCOREは、クラシック音楽の楽しみをより多くの人に広げるために2004年から彼らが展開している一大プロジェクト。現在も継続中ですが、このような大きな取り組みは、今世界を見ても他にありません。

内容はテレビ、ラジオ、ウェブ、DVD、教育プログラムのメディアミックスで展開されています。各々ご紹介しましょう。

1.テレビ
ドキュメンタリーとライブ演奏がセットになっており、PBSテレビで全米に放送されました。その後既にヨーロッパや中国でも放映され、350万人が視聴したそうです。内容はDVDで見ることができます。各コンテンツの詳細はDVDの項をご覧ください。次回のテレビシリーズは2009年。

2.ラジオ「The MTT Files」
ティルソン・トーマス60年の音楽人生を大放出した1時間のラジオ番組が8回のシリーズ。MTTが交流した偉大なアーティストとの思い出をはじめ、アメリカ音楽、教育など彼の関心領域について音楽を紹介しながら大いに語っています。これを聴けば、MTTが今の音楽にどうたどり着いたのかをうかがい知ることができます。

The MTT Filesはこちらからどうぞ

3.ウェブサイト
テレビシリーズと連動したウェブサイト。作曲家に歴史からアプローチするコーナーと音楽面からアプローチするコーナーで構成。音楽面では曲を聴きながらスコアを見ることができ、テレビシリーズで取り上げた要素の表示や解説もあります。より詳しく多角的に作品に迫った力作。ぜひご覧ください。

ウェブサイトはこちらからどうぞ

4.DVD
現在4枚がリリースされています。

mtt on music(チャイコフスキー:交響曲第4番)
Keeping Score: Mtt on Music Keeping Score: Mtt on Music
San Francisco Symphony、Thomas 他 (2005/03/08)

この商品の詳細を見る

クラシック音楽は人間の営みに直結した普遍的なものであるということを、チャイコフスキーの交響曲を単純なものに還元するという手法で伝えています。彼らの活動や音楽づくりも大公開。彼らを知る入門編としておすすめです。

ベートーヴェン「英雄」
Keeping Score: Eroica Keeping Score: Eroica
Beethoven、Sfs 他 (2006/11/14)

この商品の詳細を見る

ソナタ形式の交響曲というスタイルを取り上げ、どういう要素で音楽が作られているのか、それ以前の音楽とどう違い、それ以後の作曲家にどういう影響を与えたのかについて、ベートーヴェンの足跡をたどりつつ紹介。彼らの音楽的実力も知ることができます。

ストラヴィンスキー「春の祭典」
Keeping Score: Rite of Spring Keeping Score: Rite of Spring
Stravinsky、Sfs 他 (2006/11/14)

この商品の詳細を見る

あの革新的な音楽は、ストラヴィンスキーがどういう教育と環境を経て、何を意図して作り上げたのか、その音楽のどこが革新的なのか?ストラヴィンスキー本人に大きな影響を受けたMTTがエネルギッシュに語ります。音楽の魅力を伝えるとはどういうことなのかという観点からも見逃せない一枚。

コープランドとアメリカンサウンド
Keeping Score: Revolutions in Music Keeping Score: Revolutions in Music
Copland、Sfs 他 (2006/12/12)

この商品の詳細を見る

アメリカのクラシック音楽を確立したコープランド。そのアメリカンサウンド探求の道のりをたどるとともに、アメリカらしさとは何かを考えさせる内容。ティルソン・トーマスの問題意識「アメリカンサウンド」と「アーティストの社会に対する責任」が網羅されており、彼を理解するためには欠かせません。

5.教育プログラム
彼らは従来から地域の教育プログラムに力を入れてきましたが、このKEEPING SCOREプロジェクトの一環として、2006年に新たに主要教科(国語、算数、理科、社会など)の授業で、理解を助けるためのツールとして音楽を用いる教育プログラムを開始しました。

授業の様子はウェブサイトでご覧いただけます。
2001年に始まったマーラーのレコーディングプロジェクト。オーケストラ自主制作盤の先駆けとなり、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団コンビを世界に知らしめました。好評につき歌曲にもプロジェクトを拡大し、2008-2009シーズンの交響曲第8番での完結を予定。

この録音は、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の“今”のマーラーを伝えるという発想で作られており、自然や人間の営み・感情などのあらゆる断片がそこかしこから聴こえてくる音楽を意図したものといえます。

~各CDについて軽くコメント~

交響曲第1番<巨人>
Mahler: Symphony No. 1 Mahler: Symphony No. 1 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2004/11/09)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

2001年に最初に録音した中の1曲で、隅々まで神経が行き届いています。特に3楽章の歌謡的なメロディーの表現が素晴らしい。

交響曲第2番<復活>
Mahler: Symphony No. 2 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 2 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2004/11/09)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

録音の精密さ、ダイナミックさにあふれています。

交響曲第3番・亡き子をしのぶ歌【グラミー賞】
Mahler: Symphony No. 3 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 3 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2003/03/18)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

2曲とも文句なしにコンビの良さが発揮されています。

交響曲第4番【グラミー賞:サラウンド部門ノミネート】
Mahler: Symphony No. 4 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 4 [Hybrid SACD]
Stephen Paulson、 他 (2004/11/09)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

究極のエレガンスさがあると思います。

交響曲第5番
Mahler: Symphony No. 5 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 5 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2006/10/10)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

1楽章の寂寥感、2楽章の決まり具合、4楽章のMTT節、5楽章の徹底的に対位法にこだわったところなどが聴きどころ。

交響曲第6番<悲劇的>【グラミー賞】
Mahler: Symphony No. 6 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 6 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2004/11/09)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

シリーズ1作目の気合にあふれています。

交響曲第7番【グラミー賞】
Mahler: Symphony No. 7 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 7 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2005/10/11)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

LSO盤も素晴らしいですが、これほど明解な7番はないでしょう。

交響曲第9番
Mahler: Symphony No. 9 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 9 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2005/04/12)
San Francisco Symphony
この商品の詳細を見る

幽玄な世界です。


歌曲集
今後しばらくは歌曲集のリリースが続く見通しですが、こちらも伴奏の固定概念を覆すようなこだわりで取り組み中。大いに期待できます。

交響曲第8番<千人の交響曲>
残るは千人。2006年に演奏会で取り上げたときには、曲の大きさにMTTもアプローチを透徹できず、歌手も3人くらい怪しかったらしいです。彼は既におよそ人間が思いつくことは全てやったとも言え、これ以上を期待するのは酷かなとも思いますが、それでもがんばれMTT!
私はここ1年のMTTウォッチャー活動で、本当に多くを学びました。中村天風の本を読んだときよりも、遥かにインパクトがありました。教育者MTTは、ファンをも教育してしまうのです。以下思うところをいくつかあげます。

努力と継続
私はティルソン・トーマスは天才だと思っていますが、それでも彼のアウトプットの98%は努力だと思います。それくらい彼の発する言葉の一つひとつや姿は努力を感じさせます。一つのことを継続してやり抜くということが如何に大切かも痛感させられました。彼こそプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい人だと思います。

信念
ティルソン・トーマスは中堅オケだったサンフランシスコ交響楽団を鍛え上げ、ヨーロッパに出て行ってはアメリカンをやっています。その後ろ姿には有無を言わせない迫力が漂っていて、何がそこまでさせるのかと思わずにいられません。

彼はニュー・ワールド交響楽団についても、最初はただの夢にすぎなかったと語っていますが、ここまで育てたということもまた信念によるのでしょう。

平易な言葉で明確に論理的に語る
ティルソン・トーマスのビデオでの語りを見て驚いたのは、彼が力強くクラシック音楽の未来について語っていたということとともに、言葉が明確でわかりやすいという点です。これは意外にできる人が少ないのではないでしょうか。多くの人に伝えて共感を得るためには重要なのだと思います。

また彼がオーケストラメンバーに作りたい音楽について、論理的に説明していたのも印象的でした。サンフランシスコ交響楽団の音楽は、隅々までティルソン・トーマスのコントロールが効いていますが、これは彼の音楽的解釈に各オーケストラメンバーが同意した結果の総和なのです。

MTTはどこまでもMTT
MTTはどこまでもMTTで、首尾一貫した彼のスタイルがあります。それは練り上げのエキセントリックさをはじめとする音楽面はもとより、指揮の派手なアクション、ファッション、人生での選択など全てに及んでいます。そして誰も何もいえない状態まで貫き通しているのです。その強さは多くの人に元気を与えていると思います。
私がティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽を素晴らしいと思った大きな理由の一つは、彼らの音楽がヨーロッパの背中を見ていない、自分たち独自のアメリカのクラシック音楽の発展形を探求しているという点です。彼らはサウンドもレパートリーもアメリカン。

これは、ヨーロッパの背中を見てあたり前というメンタリティでクラシック音楽と接してきた私にとって目から鱗でした。

このことは日本サッカーのオシム監督が言うところの「サッカーを日本化する」ということとも合い通じているのかなと思いますし、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラのラテン音楽などを聴いても、やはり自分たち独自のクラシック音楽を探求しているのかなと思いました。

ティルソン・トーマスがアメリカンを明確に打ち出して成功したことで、ヨーロッパからの指揮者に頼らなくても自分たちの音楽を自信を持ってやっていいと勇気づけられたアメリカのオーケストラが多く出たそうです。

彼らのこの姿勢は、日本人にとってもクラシック音楽とのつきあい方を考える上で示唆に富んでいると思います。
クラシック音楽を普段聴かない人にとってのクラシック音楽のイメージは、「古臭い」「難しい」「長い」「つまらない」といったものでしょう。新しいお客さんを呼ぶためにはこれらのイメージを払拭する必要があります。彼らの主な取り組みをご紹介しましょう。

プログラミングの工夫
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の革新的な活動が語られるときに真っ先にあがるのはプログラミングです。彼らはコンテンポラリーなものからクラシックの王道をゆく作品までをうまくミックスさせています。

ティルソン・トーマスはプログラミングについていろいろ試みた結果だそうですが、何か意外な発見があるもの(コンテンポラリー1曲目)、それとは全く別の切り口から表現した作品(2曲目)、骨があって満足感が得られる作品(休憩後の作品)の3つで構成していることが多いです。そして毎回プログラムを流れるテーマが何かあって、通して聴いたときにインスピレーションがあるようなコンサートに仕立てています。演奏自体がインスピレーションに富んでいることはもちろんです!

聴き手の座標軸
もう一つ彼らが工夫していることは、聴き手に音楽を聴くにあたっての座標軸をもってもらい、より音楽を楽しんでもらおうということです。

毎回のコンサート前30分間のプレトーク、ファミリーコンサートなどのトークがあるコンサート、KEEPING SCOREのドキュメンタリーなどは皆この座標軸をもってもらうための仕掛けです。

では何が座標軸になるかというと、その作品が音楽史上どういう系譜に位置するかなどの過去との関係、作品を特徴づけている要素や作曲家が工夫した点は何か、演奏家が特に聴いてほしいところの指摘などです。

あくまで本物を聴かせる
クラシック音楽の裾野を広げるというと日本では名曲中心、時間短めのコンサート、有名人のトーク付などの企画が多いように思います。彼らも夏の野外コンサートなどでは軽めの内容だったりしますが、シーズン中はあくまでシンフォニーが提供できる最高の音楽を提供することに徹しています。難しくても取り上げる代わりに聴き手がよりどころにできる座標軸を提供しているのです。これは子どもがいるファミリーコンサートでも同じ。子ども向けプログラムではありません。
サンフランシスコといえばサンフランシスコ・ジャイアンツですが、サンフランシスコ交響楽団も野球と同じくらい多くの人に愛されることを目指してがんばっています。

継続的な信頼関係
地元密着とはどういうことか?私が彼らを見て一番感じたことは、「継続している関係」であり、そこには「信頼」が欠かせないということです。これは東京に住み、1回の公演を各々独立したものと捉えていた私には新鮮でした。

彼らのビジネスは全て、生活に近いところにシンフォニーがあって、何度も聴くオーケストラだという関係。そしてシンフォニーに行くと何かインスピレーションが得られて、生活のアクセントになるということをお客さんが思ってくれているという信頼の上に成り立っているのです。

だからデイビスホールは客席の空気があたたかい。

地域での無料コンサート
彼らは地域への貢献に対するコミットメントとして、年に3回程度地元の公園などで無料の野外コンサートを開いています。またこれ以外にも地域の様々なイベントにシンフォニーは欠かせない存在として活躍しています。

ボランティア大活躍
サンフランシスコ交響楽団の活動を支えているのは、多くのボランティアです。デイビスホールのシンフォニーストア、ご案内係、ボックスオフィスのスタッフ、リセールストア(日本でいうところのリサイクルショップ)、オープンリハーサルのホスト、教育プログラムの講師、イベントスタッフ、オフィスでの事務など、ボランティアの活動領域は広く、幅広い年代の方が活躍しています。

オーケストラメンバーは地元の顔
彼らは様々な場面でオーケストラメンバーを露出し、地元の人に顔と名前を覚えてもらうよう努力しています。最近ではその成果もあり、オペラグラス持参でコンサートにくるお客さんが何人もいます。

オーケストラメンバーが単独でも登場するのは、スペシャルイベントなどでのお客さんとのコミュニケーションの機会をはじめ、プログラムの表紙、KEEPING SCOREのドキュメンタリー、トーク付コンサートでのトーク、地元の新聞など。

チャイナタウンの街
サンフランシスコには全米最大規模のチャイナタウンがあります。シンフォニーでも毎年恒例の春慶節をお祝いするコンサートを開催しています。また最近では、彼らの重点地域であるサンノゼのGoogle本社があるマウンテンビューでも野外コンサートを開くなど、地域の動向に常に敏感に動いています。

地域一体で盛り上がる
彼らのスペシャルイベントや教育プログラムは、他のサンフランシスコの諸機関と連携して行っているものが多いです。

また彼らはウェブサイトで、コンサート後に楽しめる地元のレストランを紹介していますが、シーズンオープニングのガライベントでは、サンフランシスコの50以上のレストラン(さすがグルメの街)が料理を提供するなど、地域一体が盛り上がるような仕掛けを考えています。

多くのオーケストラ同様、サンフランシスコ交響楽団もこの命題に力を入れて取り組んでいます。

スタイリッシュ&クール
まず若い人の支持を得るということにおいて、ティルソン・トーマスの音楽センスやプログラミングがどこまでもスタイリッシュ&クールであることが大きいと思います。若い人に音楽もパーソナリティもカッコイイと思わせられるのも実力。

若い人が来るきっかけづくり
無料の野外コンサート、定期会員を入れない安めの席のカテゴリー、ヤングファミリーが家族全員で来られる値段設定のコンサート、ファミリーコンサート、定期会員の学生割引など、様々なきっかけとなる場を提供しています。

また毎年1月下旬に、シーズンの残っているチケットを期間限定で約半額で売るキャンペーンを実施。やることが思い切っています。

新しいメディアにチャレンジ
地元の普段クラシック音楽を聴かない若いブロガーをコンサートに招待するイベントなど、若い人にアクセスできる場を積極的に利用。常に新しい試みをやっています。

若手による支援組織
ニューヨーク・フィルがマンハッタンのヤングエグゼクティブをオーケストラの支援者に取り込む活動は有名ですが、サンスランシスコ交響楽団も地元の30~40歳代のビジネスパーソンによる支援組織があり、交流会のようなスタイルで様々な活動をしています。

サンフランシスコ交響楽団の地域社会への取り組みの中でも中心に位置するのは、教育プログラムです。彼らは昔から先進的な取り組みをしているオーケストラとして知られていたそうです。

以下が主なものです。

子どものためのコンサート
年間35,000人が参加(年16回のコンサート)。対象年齢によって内容を変えている。デイビスホールでのコンサートに先立って、スタディーガイドとCDを学校へ配布し、要請があれば、講師派遣も。

Adventures in Music(AIM)
1988年から継続しているプログラム。90以上のサンフランシスコの公立小学校で、年間約24,000人の生徒が参加。他地域のモデルにもなっている。内容は、さまざまなカリキュラムを通して音楽経験をしてもらうというもの。無料で提供。

Take Note!
学校の校舎で行うシンフォニー主催の音楽の夕べ。AIMの成果であるアンサンブルなどを保護者らに披露するもの。

Bass Training Program
学生オーケストラで、コントラバス奏者が足りないという問題に対処するために生まれたプログラム。無料で提供。

KEEPING SCOREの教育プログラム
詳細はKEEPING SCOREの記事をご覧ください。

SFS KIDS SITE
子どものためのウェブサイト。アニメで音楽の基礎を楽しく学べる。

ユース・オーケストラ
参加費無料でMTTはじめ、オーケストラメンバーから指導が受けられるという豪華プログラム。
私が最初にサンフランシスコ交響楽団に興味を持ったとき、ティルソン・トーマスがビジョナリーでリーダーシップがあると思いました。だから始めは彼の力が大きいのかと思っていたのですが、その後いろいろ見たり読んだり、はたまたシンフォニーの方とお話させていただき、違うと気づきました。

サンフランシスコ交響楽団は、ボード、アドミニストレーション、MTT、ミュージシャン、地元の応援の総合力以外の何ものでもありません。

そのどれが欠けても今の成功はなかったと思います。

特にアドミニストレーションはプロフェッショナル揃いで、旧来的なオーケストラの枠組みにとらわれない新しい試みに次々とチャレンジしています。

彼らが毎年出かける海外ツアーひとつとっても、必ずプログラムにアメリカ作品を盛り込むこと、彼らの活動紹介やミュージシャンが現地のお客さんと交流する場を設けるなど特徴を打ち出しています。また著名な音楽祭に集中して参加するなど、彼らの海外での評価を高めるという目的に対して非常に戦略的です。

資金調達では、対象別、切り口別に担当を張りつけ専門化、知恵と提案力で10百万ドル単位の大口のファンドレイジングを成功させています。彼らのやり方を見ると、いくつもの方法や金額から最適な出資を選べる点、支援の依頼の仕方、資金の出し手への感謝の意を目に見える形で表すことを徹底するなど参考になる点がいくつもあります。

音楽面でも彼らは毎年6月に約2週間にわたり、一つのテーマを掘り下げるフェスティバルを行っています。これはオーケストラのレパートリーや演奏レベルをステップアップさせるためには効果的でしょうが、何人ものソリストを確保することや資金面でマネジメントは大変だと思います。それでも支援イベントやフェスティバルのムードを全体で盛り上げることでホールを埋め、継続させています。

デイビスホールは本当に客席が埋まっているし、ホール全体にサンフランシスコ交響楽団の“気”があります。これは本当に彼らの努力の成果だと思います。

彼らのプレスリリースを見ると、こんな方法があったのだという驚きの連続なのです。
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。