上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆で夫の実家に行ったら、本棚に25年くらい前の彼が学生時代に買ったレコ芸別冊「世界のオーケストラ」という本があり、中をパラパラ見ていたら資金調達について面白い記述がありました。

アメリカのオーケストラの音楽監督の一番重要な仕事は資金集めで、地元の社交界に入ってどれだけお金を集められるか、とりわけご夫人方にどれだけ気に入られるかが勝負だ。

というような内容でした。今も地元の社交界というのは非常に重要で、そこでのコミュニケーション能力が問われる点は同じです。

でも25年前と今とで大きく違うのは、現在は資金調達が組織力や提案力で決まるということ。そして資金の出し手も大きな額を動かす人たちはファンドを組成しているということ。

これは社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)とか社会的事業に投資する投資家の登場などの流れを受けたものです。音楽も他の社会問題と横一線に並んで、社会的問題解決の必要性とか、社会に対する効果などの点から企画が審査されて資金を獲得してくる時代なのです。現にサンフランシスコ交響楽団のKEEPING SCOREプロジェクトに大口資金を提供したのもこのようなフィランソロピー・ファンドでした。

組織力という点では、例えばサンフランシスコ交響楽団のDevelopment部門にはスタッフが24人もいますが、彼らはファンドなどの機関投資家、行政、企業、個人などの対象別、仕組みものを企画する担当、支援者をフォローする人、キャンペーンなどの企画担当、コーディネーター、リサーチなど細かく担当がわかれていて知恵と提案力プラス気くばりでがんばっています。

そして組織力にプラスして忘れてはならないのは、社会にメッセージを発するリーダー。ティルソン・トーマスはサンフランシスコ交響楽団とニュー・ワールド交響楽団の二団体でファンドレイジングを成功させていますが、これは彼が音楽の社会に対する効果を「論理的に語れる」能力の持ち主であることが非常に大きいと思います。MTTの語りのパワーと、例えばアル・ゴアの「不都合な真実」での語りなどを比較しても、遜色ないですから。

ともかくこの25年の間に、非営利組織の経営という分野は大きく発展したということを改めて実感したお盆でした。
スポンサーサイト
サンフランシスコ交響楽団では、シーズンオープニングイベントの一環として、9/22(土)に家族全員で来てもらうコンサートを開催します。

これは米小売業のTargetがスポンサーで、大人10ドル、17歳以下の子ども1ドルにチケット料金を設定し、Target Family Nightと題し家族全員で来てもらおうというもの。

サンフランシスコ交響楽団のコミュニティに対するコミットメントとしてシーズンオープニングに行うそうなのですが、値付けが大胆。この値段なら全員で出かけられます。彼らは野外の無料コンサートもやっていますが、今回はデイビスホールでもっとじっくり聴いてもらおうという企画。

このTargetという企業は、衣料品・家庭用品・家具・電化製品などの大規模店舗を全米に展開している上場企業だそうですが、その週に3百万ドル以上を地域への様々な社会貢献活動に拠出するそうです。ウェブサイトを見ると、ディスカウントストアとは違っていて、一定以上のクオリティとブランド感がある品揃えのファミリー向けのお店といった印象を受けました。顧客層がまさに今回のコンサートのターゲットで、シンフォニーが顧客に引き込みたくて必死な層と一致していると思います。サンフランシスコ交響楽団は、こういうマッチングをよく考えています。

コンサートの前にはロビーでイベントもあり(彼らはスペシャルイベントでは、毎回のようにアトラクションをやっています)、飲み物が出るそうです。目に留まったのは、「7歳以上の子どもにおすすめします」とあること。彼らは子ども向けのコンサートでは必ず対象年齢を表示しています(バリエーションがある)。せっかく来たのに楽しめないという思いを大人も子どももしないような配慮があるのです。

指揮:James Gaffigan
プログラム:
Gershwin / Cuban Overture
Bartók / Rumanian Folk Dances
Brahms / Hungarian Dance No. 1 in G minor
Saint-Saëns / Bacchanale from Samson et Dalila, Opus 47
Beethoven / First Movement from Symphony No. 7 in A major, Opus 92
Prokofiev / Excerpt from Scythian Suite, Opus 20
Piazzolla / Oblivión
Falla / Three Dances from The Three-Cornered Hat

サンフランシスコ交響楽団のプレス発表
ティルソン・トーマスはサンフランシスコ交響楽団の音楽監督になったとき、サンフランシスコに当地の建築様式で建てられた家を買ったそうです。彼がこのことについて地元紙のインタビューで、「オーケストラがコミュニティの一員になるためには、自分もコミュニティの一員になる必要があり、そのために家は重要だと思った」というようなことを答えているのを読んだことがあります。

私はこの話がベースにあったためか、4月に金沢の21世紀美術館でオーケストラ・アンサンブル金沢の井上道義音楽監督のトークイベントに行ったとき、彼の口から

「東京に帰らなければならないので、時間がない」

という言葉が出たのを聞いてショックでした。その時彼は、翌日午前中から次の仕事のリハーサルがあってやむを得なかったのですが、

「東京に帰る」

という言葉が、何か(音楽監督であっても)「金沢は本拠地ではない」と言っているようで、これを聞いた地元の方はどう感じるのかな?と思いました。オーケストラ・アンサンブル金沢は公演数が多くはないので、実際に金沢に住むのは無理でしょうが、地元のファンに配慮した別の言い方があったのではないかと思います。

こういう地元の人目線とか、ちょっとしたお客さんとのコミュニケーションということを、ティルソン・トーマスは非常に意識していると思います。

例えば、お客さんになじみがない曲を取り上げるときにちょこっと曲についての話を加えるとか、コンサート中に客席がふっと和むようなことを何かするとか。ウィーンではドイツ語で、プラハではチェコ語で客席に向かってスピーチしていました。あまたの来日公演がある中、日本語でお客さんとコミュニケーションしようとするのは、オペレッタが日本語でギャグをかましてくるくらいなのではないでしょうか。

多分こういう積み重ねが、お客さんに受け入れられることにつながるのでしょう。日本のオーケストラも常任ポストの条件として、「日本に生活の拠点を設ける」ことと「日本語をマスターする努力」を必須項目にすればいいのにと本気で思います。それくらいの条件を出しても当然なくらい、日本のマーケットはプレゼンスがあるのではないかと思います。

それがいやな「ビッグ」「スター」「巨匠」の方々には日本以外でご活躍いただき、日本は日本の若手に「3年間は途中でガタガタ言わない」「プログラムと人選の全面的な権限」付でチャンスを与えるくらいのことをした方が、オーケストラにも観客にもプラスになるのではないでしょうか。もうそういう段階に来ていると思います。
サンフランシスコ交響楽団には、SFSメディアという自主レーベルがあります。今はロンドン響やコンセルトヘボウ、そしてシカゴ響と、いろいろなオーケストラが自主レーベルでCDを制作しているので、珍しくも何ともありませんが、サンフランシスコ交響楽団はCDだけでなく、映像作品も自主制作しており、私はそのことの効果が意外に大きいと見ています。

どうしてそう思うかというと、彼らの海外公演。今年彼らは多くのヨーロッパの音楽祭に出演しますが、例えばエディンバラ音楽祭のサイトでは、他にも参加オーケストラがいくつもある中で、サンフランシスコ交響楽団だけが自己紹介のビデオクリップを見られるようになっています。

またプロムスでは、KEEPING SCOREのコープランド編のドキュメンタリーの上映も予定されています。プロムスは本当に多くのオーケストラが参加しますが、このような企画があるのはサンフランシスコ交響楽団だけです。

なぜこのようなことが出来るかというと、彼らは映像作品を自主制作していて著作権を持っている。だから作ったものを自分たちの判断で自由に使えるのです。

例えば、日本のテレビでオーケストラに関する番組を作っても、著作権はテレビ局が持っている。だから後からオーケストラが自由に二次利用できたりはしません。サンフランシスコ交響楽団は、その点マーラーの録音でも映像でも作ったものを最大限利用しています。

自主制作したドキュメンタリーが、まず全米にテレビ放映され、DVD化される。次にヨーロッパや中国にも放映権を販売し、そして今またオーケストラの活動紹介として海外公演でも利用される。

サンフランシスコ交響楽団のビジネスセンスが光っていると思います。


二次利用にがんばっているコンテンツ。マネジメントの人たちがこんなにビジネス展開してくれれば、MTTも身体を張って頑張った甲斐があったというものです。
Keeping Score: Revolutions in Music Keeping Score: Revolutions in Music
Copland、Sfs 他 (2006/12/12)

この商品の詳細を見る
今日はサンフランシスコ交響楽団の本拠地、デイビスシンフォニーホールのどの席がおすすめかをご紹介します。

Loge(110~114ドル)
予算にこだわらないのであれば、やはり一番のおすすめはロジェです。ロジェ席は、入り口からちょっとしたVIP気分を味わえます。シートも足回りのスペースも他のカテゴリーよりも広め。肘掛も隣の人と共用ではなく、一人ひとりにあります。音も非常によく、プレミアオーケストラの席よりも、私は断然ロジェだと思います。

さらにロジェの目玉はロジェラウンジ。ロジェのお客さん専用のラウンジで、休憩時間もソファーに座って過ごせます。バーコーナーのドリンクも持ってきてもらえていたれりつくせり。

Premier First Tier(65~69ドル)
ロジェ席と数メートルしか離れていないのに、価格が6割程度というお得な席。デイビスホールは、オーケストラフロアで聴くよりも、ステージから距離がある席で聴く方がいいと私は思っています。

Center Terrace(25ドル)
ステージの後ろの席です。ティルソン・トーマスが振る日はやはりここでしょう。同じこと考える人は多いみたいで、心なしかいつも埋まっているような。私はこのブログで彼のアクションをよく取り上げていますが、やはり初めて見たときに

「こんなのありなのか?」

と思った印象が強いのです。今も慣れるどころか、6月のプロコフィエフ・フェスティバルの「3つのオレンジへの恋」組曲でも、曲の最後でのアクションに「へ?」と気をとられた瞬間に終わってしまい、音を聴き損ねてしまいました。

今回ご紹介したカテゴリーはどれもおすすめです。ぜひ一度お出かけください。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団には、自分たちの活動を紹介するプロモーションビデオがあります。彼らはこれを販促はもとより、資金調達やメディア等への情報発信のアピールのツールとして役立てているようです。どんなものがあるかご紹介しましょう。

Making Music with You
(KEEPING SCORE チャイコフスキー編のDVDに収録)
ティルソン・トーマスが音楽監督になってはじめの4~5年間に、新しい観客や若い人をコンサートに呼び込むとともに、観客と一緒に音楽をつくる努力をした軌跡を紹介するもの。クロスオーバーなアーティストとのコラボレーション、現代音楽を聴かせる様々な仕掛け(パフォーマーとの共演、楽器の配列など見せ方を工夫しているところ)、ティルソン・トーマスが客席に飛び降りて、観客とコミュニケーションをとっているシーン(多分、楽器をやっているお客さんに楽器持参で来てもらい、一緒に演奏するという企画)などがあります。

このビデオは、私が彼らに興味をもつ決定打となったものです。

マーラーレコーディングプロジェクトのDVD(非売品)
現在最高水準の技術を用いて、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の“今”のマーラーを伝えるという彼らの意気込みにあふれたDVD。リハーサルシーンやエンジニアとMTTが作業しているシーン、関係者のコメントなどで構成。ライブの切れ味の鋭さをそのまま出したいとティルソン・トーマスが語っていますが、一連の録音はその通りの仕上がりになっていると思います。

KEEPING SCOREプロジェクトのDVD(非売品)
昨年秋のテレビシリーズ3本(ベートーベン、ストラヴィンスキー、コープランド)の番組宣伝で構成。「音楽における革命」という切り口から作品の内容に踏み込んだドキュメンタリーで、クラシック音楽を聴く楽しみを幅広い層に広げるという、シリーズの内容および趣旨が理解できるもの。このプロジェクトがテレビだけでなく、ラジオ、ウェブ、教育プログラムなどメディアミックスで、それぞれに別のコンテンツで展開されることも紹介。

教育プログラムのDVD(非売品)
音楽を聴かせるとか演奏に参加するという従来からの教育プログラムとは別に、昨年KEEPING SCOREプロジェクトの一環として新たにスタートした、主要教科(国語、算数、理科、社会など)の授業で、理解を助けるためのツールとして音楽を用いる教育プログラムという彼らのチャレンジを紹介するもの。先生方への研修や授業の様子、先生方やシンフォニーの教育担当者のコメントなどで構成。音楽は多様な価値観への理解に役立つと結んでいますが、その通りだと思います。

この教育プログラムを紹介する動画は、KEEPING SCOREウェブサイトでもご覧いただけます。こちらからどうぞ。

この教育プログラムについての過去の記事
サンフランシスコ交響楽団の地元ブロガー招待イベントに参加したブロガーの記事に、

「本当に新しい観客を惹きつけたいのなら、気軽に楽しめるコンサートよりもシーズン中のコンサートのような本格的なものの方がいいのではないか?」

と書いている人がいて、私と同じことを思っている!と思いました。その方も、“サマー・イン・ザ・シティ”は楽しいから、それはそれで良さがあるけれどと書いていましたが、若いGaffigan(28歳)の気軽なプログラムと、60過ぎたMTTの凝ったプログラムと、どちらにより吸引力があるか?悩むところです。

私はティルソン・トーマスの音楽は、60過ぎていることが信じられないクール&スタイリッシュさを備えていると思うので、彼がやっている現代ものなどをいきなり聴かせても大丈夫だろうし、歳をとっても音楽がカッコイイということと、それが意味するところは、若い人の感性にも響くのではないかと思います。

一方でGaffigan起用は、デュダメル起用と同じ論理です。若い人を呼び込むには、若い人が牽引力になるしかないというもの。現にブロガーの中にも、「ずっと年上のオーケストラメンバーをGaffiganが率いている姿が良かった」と書いている人がいました。アメリカのオーケストラの潮流は、どうやらこちらに流れていきそうな気配ですが。

結局、それぞれによさがあるので、うまくミックスさせながら楽しめるラインナップにしていくということでしょうか。さて、次回8月の無料コンサートには、ティルソン・トーマスが登場します。どれだけ新しい観客を惹きつけることができるか。顔で損していると言われないように(?)がんばれMTT!
サンフランシスコ交響楽団が「Bloggers Night」という地元ブロガーをコンサートに招待するイベントを開いたとご紹介しましたが、どういう内容だったのかを振り返ってみたいと思います。

コンサート:7月18日“サマー・イン・ザ・シティ”シリーズ
<プログラム> テーマ「クラシカル・ロマンス」(クラシック音楽を聴いて、ロマンチックな気分にどっぷり浸ろうというプログラム)
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

指揮:James Gaffigan(サンフランシスコ交響楽団副指揮者の若いお兄さん。ちなみにサンフランシスコ交響楽団の常任ポストは、彼とMTTの二人に、ユースのお兄さんとコーラスディレクターで構成されています。)
ピアノ:Gabriela Martinez(ベネズエラ出身。ベネズエラはデュダメルだけではなかった!)

<スケジュール>
コンサート前半プログラム

休憩:シンフォニーのレセプションルームでブロガー達の交流会。Gaffiganとオーケストラのホルンメンバーも加わり談笑。クッキーと飲み物が出たそう。

コンサート後半プログラム

出演者とお客さんのQ&Aコーナー(客席の前に椅子を並べ、Gaffigan、Martinez、オーケストラメンバーの3人が客席のお客さんからの質問に答える形で交流、司会者付)

“サマー・イン・ザ・シティ”は、普段クラシック音楽のコンサートになじみがないお客さんに、シーズン中とは違うカジュアルな雰囲気の中、他ジャンルとのコラボレーションや親しみやすいプログラムを安めの料金設定(18~66ドル)で楽しんでもらおうというものです。

ホワイエやホールの中も明るくポップに飾りつけされていました。

招待されたブロガーが若者中心で、しかも半数が普段クラシック音楽のコンサートに行かない人たちだったというところがミソだと思います。

彼らはブログで、コンサートが楽しかったという文章とともに、ホールのポップな雰囲気も写真で伝えていました。「クラシック音楽のコンサートは、心配していたような古臭いものではなかった」と感想を書いているブロガーがいましたが、サンフランシスコ交響楽団の狙いどおりの役割を果たしてくれたということでしょう。

最後に、“まだシンフォニーのコンサートに行ったことがない人へ”というかたちで、「8月には無料のコンサートもあるから、行ってみると楽しいよ」とまで、しっかり書いてもらっています。ブロガーイベントで終わらせるのではなく、次に具体的アクションをとってもらうものをちゃんと用意している周到さ。さすがサンフランシスコ交響楽団!

「Bloggers Night」についての過去の記事
アメリカの非営利団体の財務面についての民間格付け機関である「Charity Navigator」で、メジャーオーケストラの評価を見てみると、サンフランシスコ交響楽団がトップの評価を得ています。

オーケストラ名/格付け/財務効率/財務能力/総合評点
サンフランシスコ ☆☆☆☆/ 38.28/25.97/64.26
ニューヨーク ☆☆/29.02/16.13/45.15
シカゴ ☆☆/31.97/10.00/41.97
ボストン ☆☆☆/35.43/21.99/57.43
フィラデルフィア ☆☆☆☆/ 32.64/30.00/62.64
クリーヴランド ☆☆/32.29/15.10/47.40
ロサンゼルス ☆☆☆☆/ 33.09/28.13/61.23

*格付けは☆4つが最高、2005年の数字をもとに評価したもの。

これは、寄付をするときに健全な財務を保っている先を選びたいというニーズに応えるためのもので、専門スタッフが膨大なデータを分析し、独自の評価基準でレーティングしています。

財務効率は主に費用面に着目。財務能力の方は、事業収入の伸び率や資本効率などが勘案されています。様々なデータ、同業他団体との比較、ミッション、トップマネジメントの報酬が過大でないか等が一覧できて非常に有益。

Charity Navigatorウェブサイト

こうした格付けなどを見ても、サンフランシスコ交響楽団が非常に経営努力をしており、またそれが評価されているということをご理解いただけると思います。

サイトでは格付けの他にも、団体個別のページで団体の活動理念が一言ずつ紹介されているのですが、各オーケストラの個性が出ていて面白い。ここでもサンフランシスコ交響楽団が打ち出しているものは、他とは違うということが見て取れます。

サンフランシスコ交響楽団
「21世紀のオーケストラというものを定義する」

ニューヨーク・フィルハーモニック
「音楽への興味と楽しさを維持・はぐくむ」

シカゴ交響楽団
「世界最高、シカゴそのもの」

ボストン交響楽団
「高い志をもって音楽の調和にささげられるもの」

フィラデルフィア管弦楽団
「コンサートホールと地域にフィラデルフィアサウンドを」

クリーヴランド管弦楽団
「すばらしいホールですばらしい音楽を」

ロサンゼルス・フィルハーモニック
「生きた音楽の発信地」

活動理念と財務格付けに相関性があるかのようです。実際の活動も見事に反映しているような。この事実は見逃せません。経営理念はあなどれない!

サンフランシスコ交響楽団が7月に行っている「サマー・イン・ザ・シティ」シリーズの公演で、地元ブロガーたちを無料で招待するイベントがあったそうです。

「おかか1968」ダイアリーさんのブログで紹介されていました。

招待されたブロガーは若者中心で、半数はクラシック音楽のコンサートに行かない人たちだったそう。彼らのブログを見ると、皆コンサートが楽しかったと感想を書いているので、シンフォニーの目的は達せられたのではないでしょうか。

彼らのブログには、ブロガーイベントの様子の他、コンサートの様子、コンサート後に行われた出演アーティストとのQ&Aの様子をはじめ、ホワイエでのアトラクションやイベントを盛り立てるホールの飾りつけなどの写真がたくさん載っているので、私がこのブログで紹介しているサンフランシスコ交響楽団の楽しさを実感していただけると思います。

それにしてもサンフランシスコ交響楽団は、シンフォニーのファンを増やす様々な仕組みを次々と出してきます。参加したブロガーたちもシンフォニーの努力を評価していました。

もしかして、私がサンフランシスコ交響楽団に「ブログで応援している」と伝えたことで、彼らもブロガーは勝手にタダで熱心に応援してくれる、しかもそういう人は世界中から出てくる可能性があるということを認識したのでしょうか?もしお役に立てたのであれば嬉しいです。

サマー・イン・ザ・シティを紹介した過去の記事
今日は、サンフランシスコの地元紙である「サンフランシスコ・クロニカル」におけるサンフランシスコ交響楽団の記事を通して、地元密着型オーケストラのパブリシティを見てみたいと思います。

まず、コンサートやアーティストの情報とそのレビューがあるのは、日本の新聞におけるオーケストラの扱いと同じです。違っていて注目すべきは、それ以上のローカルネタにあふれている点です。どんな記事があったかというと、

新しいオーケストラメンバーの紹介、退職するメンバーごくろうさんの記事から始まり、組合交渉が決裂したとか、ようやく妥結したとか、オーケストラの誰それががんの闘病から復帰したとか、元ボードメンバーの誰それが亡くなったとか、マネジメントの人事異動の話、コンサートの演奏途中で火災報知機が誤作動したとか、株価が下落したせいでいくら赤字になったとか、今期はどうする計画かとか。

こんなにいろいろ話題になってしまうというか、してしまうところにびっくりです。さすが地元密着型オーケストラのサンフランシスコ交響楽団。

過去のできごとの中で面白かったものは、「コンダクター・スワッピング」。同じ日にサロネンがサンフランシスコ交響楽団を指揮し、MTTがLAフィルを指揮するという企画をやったそうです。サンフランシスコをあげてサロネン大歓迎で盛り上がったそう。聴きたかった。

昨年初めて中国ツアーをやったときのことは、連日詳しく報道されていました。ティルソン・トーマスが上海の音楽院で指揮の公開レッスンをやったそうなのですが、最後彼の気迫に通訳の人が口を挟むべきではないと判断し、静まりかえった中で語ったそうです。コンサートの後は、お客さんと質疑応答などのコミュニケーションの時間もあったそう。(MTTは中国でもコープランドをやり、Making Musicの持論を展開したらしい。)

日本のメディアでは、コンサート情報が中心を占めており、アーティスト側もこうしたメディアか大量のちらしなどでコンサート情報を発信することに目がいっているように思います。サンフランシスコ交響楽団が地元紙にコンサート情報だけでなく、いろいろな面から話題を提供していることが、パブリシティとオーケストラを身近に感じてもらうことの2つの役割を果たしていることは、とても参考になると思います。

新聞記事を読み、あらためてこれだけ身近な存在だと、オペラグラス持参でコンサートに来ちゃうお客さんがいるのも納得だと思いました。
サンフランシスコ交響楽団は、5/14にゴルフコンペを開催します。タイトルは、

「Beethoven, Brahms, and Birdies」

金管メンバーのファンファーレでスタートするとは、何という贅沢。オーケストラメンバーもゴルフに参加し、プレー後のカクテルパーティでもメンバーの演奏があるそうです。

ティルソン・トーマス(MTT)は、参加するとは書いてありません。彼はヨーロッパツアーを前に、スコアから離れないのでしょう。

このゴルフコンペ、今年が第2回で、収益はシンフォニーの教育やコミュニティプログラムに充てられるとのこと。参加費が一組(3人+オーケストラメンバー1人)で3,000ドル!さらにこのコンペのためにスポンサー3社とメディアスポンサーまでついていてさすが。パーティではオークションなどもあります。

彼らの活動を見ていると、様々なアプローチでシンフォニーを支援する場を設けていることと、支援者同士がコミュニケーションをとる場を提供しているということに感心しますし、また桁違いな金額を拠出する支援者が多数存在するということに驚きます。

コンペの詳細はこちら。楽しそうです。
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。