上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団は、6/14~6/24にわたり、「ロシアの扇動者・ロシアのヴィルトゥオーゾ、プロコフィエフの音楽」と題したフェスティバルを行います。

プログラムのコンセプトは、ピアノコンチェルトを全曲取り上げることで、プロコフィエフの音楽の超絶技巧や、ピアノコンチェルトのコンセプトの発展、そしてそれらが他のオーケストラ作品・ピアノ曲・オペラ・バレエ・映画などへどう影響しているかを探るというもの。

4テーマ全7回のコンサートと、各コンサートの1時間前に出演ピアニスト・コンサートマスター等によるプロコフィエフや他のロシアの作曲家の作品のプレコンサートリサイタルがあり、これらのトータルでプロコフィエフの音楽に迫るという内容。

プログラムは、例えば、ピアノコンチェルト3番(ピアノ=ブロンフマン)を取り上げる日は、コンチェルトが完成する前に書かれた「3つのオレンジへの恋」からと、ピアノ作品から多くを引用している「ロメオとジュリエット」からを組み合わせるという具合。いつもながらストーリー性があるプログラミングで、興味津々。


サンフランシスコ交響楽団の年間コンサートガイドを見ていたときに、6月にフェスティバルをやるとだけ書いてあったのですが、こんな意欲的で斬新な企画が出てくるとはびっくり!シーズン中にさんざんいろいろやったのに、さらにシーズン最後に打ち上げ花火が上がって終わるなんて知りませんでした。

2007-2008シーズンプログラムを見たときも思ったのですが、MTTはマーラーで評価されたことにこだわっていなくて、どんどん先に進んでいます。

シンフォニーのチケットをオンラインで買うと、確認のメールに、「innovativeな活動を応援してくれてありがとう」と書いてあります(彼らは、ライブに来て音楽を聴いてくれることが、一番の応援だといつも言っている)。オーケストラの活動に対する形容詞が「innovative」だというところがふるっていますが、本当にこれ以上ぴったりな言葉はないかもしれません。

プレス発表はこちら
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/106-d5753d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。