上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団の活動では、今までファミリーコンサートや、KEEPING SCOREの教育プログラムをご紹介してきましたが、今日は彼らの本来の教育プログラムをご紹介します。

子どものためのコンサート
1919年から続いていて、広域のベイエリアをカバーし、年間35,000人が参加(年16回のコンサート)。対象年齢によって内容を変えている。デイビスホールでのコンサートに先立って、スタディーガイドとCDを学校へ配布し、要請があれば、講師派遣も。

Adventures in Music(AIM)
1988年から継続しているプログラム。90以上のサンフランシスコの公立小学校で、年間約24,000人の生徒が参加。ヒューストンやクリーヴランドなど他の地域のモデルにもなっている。
内容は、さまざまなカリキュラムを通して音楽経験をしてもらうというもの。学校内でのアンサンブル演奏、複数の教科にまたがるカリキュラムの提供、先生方への研修・様々な教材の提供など。デイビスホールでのコンサートでクライマックス。

コミュニティや美術館・図書館などの機関と連携して実施。無料で提供。

Take Note!
いくつかの学校の校舎で行う、シンフォニー主催の音楽の夕べ。AIMの成果であるアンサンブルなどを保護者らに披露するというもの。

Bass Training Program
学生オーケストラで、コントラバス奏者が足りないという問題に対処するために生まれたプログラム。前シンシナティ響の首席奏者が中心になって、器楽のクラスをサポート。年2~3回、デイビスホールに集まってワークショップやリサイタルも実施。無料で提供。

SFS KIDS サイト
子どものためのウェブサイト。楽しみながら基礎知識を学べるよう工夫している。
SFS KIDS

(注)教育プログラムの種類について
ここでご紹介したもの→本来の教育プログラムとして提供しているもの
ファミリーコンサート→通常のコンサートのラインナップのひとつ
KEEPING SCOREの教育プログラム→KEEPING SCOREプロジェクトの中で新たに始まったもの
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/109-340f04b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。