上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団には、ボランティアで構成されるシンフォニーの支援組織があります。30歳代から80歳代までの幅広い層約1,500人が参加。

彼らは、ボランティアとして教育プログラムでの講師・イベントの企画・下部の支援組織の代表・オフィスの事務などで活躍しています。

さらに、資金調達や新しい聴衆の開拓にも大活躍、なんとこの組織だけで年間1百万ドル(約1億2千万円)以上集金してくるというすごさ!

これは、彼らが各地区のとりまとめのような役割を果たしていることによると思われます。

シンフォニーにはこの他、SYMPHONIXという支援組織があり、こちらは30~40歳代のビジネスパーソン約400人が参加。交流会みたいなかたちで様々な支援活動を行っています。

日本のオーケストラのコンサート会場で、来ているお客さんを見ていると、やはり働き盛りの30~40歳代の男性の層が薄いように感じられます。クラヲタ系の方はいるのですが、ビジネスパーソンのたしなみとして文化を楽しむ雰囲気がない。

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽は、プログラミングも中身もスタイリッシュ&クールですから、この辺りの層を取り込めるのかもしれません。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/112-ccfc616f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。