上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団の活動では、ボランティアが大活躍しています。彼らがどのような役割を担っているのかをご紹介しましょう。

【ボランティアのお仕事】

●子どものためのコンサート
コンサート前に教室を訪問して、コンサートに向けたガイダンスを行う講師。

●オフィス事務
データ入力、招待状の作成、スタッフのアシスタントなど。

●SFSショップ
販売、在庫管理。

●デイビスホールの見学ツアーの案内

●オープンリハーサルのホスト

●スペシャルイベントのスタッフ

●デイビスホールのコンサートにおける席の案内など
彼らは、チケットをもぎりません。確認するだけです。改めて考えると、もぎる必要ってあるのでしょうか?

私が行ったときは、60歳台と思しき方も案内係として活躍されていました。


【ボランティアへの報奨】

ボランティアのメリットとしては、優先していろいろな案内がくること、スペシャルイベントへの招待などがあります。

年間を通して活躍したボランティアの方には、表彰があります。

これは年間2人だけ選ばれるのですが、感謝状みたいな軽いものではなく、ボランティア評議会から大々的に称えられるというもの。


【ボランティアの募集】

彼らは、これらのボランティアについて、求められる能力や拘束時間・頻度などを詳細に示して募集。定期的にボランティア希望者に対するガイダンスを行うなどしています。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/113-0d6be06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。