上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団のKEEPING SCORE ラジオ版の放送が、いよいよ4/1から始まります。

まずは、地元ベイエリアのFM局からなのですが、American Public Media と組んでいるので、全米で放送される模様。インターネットラジオでも聴けることを願っています。

このラジオ版は、「The MTT Files」というタイトルで、1時間番組が8回シリーズ。毎回テーマに応じて、MTTと交友のあるゲストを招いて、MTTとのトークと音楽で構成されます。

ハイライトは、ジェームズ・ブラウンがゲストの回。亡くなる少し前に収録が済んでいたとのこと。本当に貴重だと思います。

各回の主な内容は、次のとおりです。

第1回 これは音楽と呼べるか?
音楽とノイズの境目は何か?ゲストは、現代音楽の作曲家Steven Mackey。

第2回 アメリカ音楽とは? その1
コープランドの初期のあまり知られていない女声コーラス作品「不道徳」(すごい曲名!)を素材にして探る。

第3回 アメリカ音楽とは? その2
コープランドのモダニズムからポピュリズムへの変遷とその背景について。彼の交響詩をニューワールド交響楽団とのリハーサルから取り上げる。

第4回 ストラヴィンスキーの著作権ブルー
ストラヴィンスキーが「火の鳥」で大成功したにもかかわらず、著作権が保護されていなかったためにお金に苦労した話。「火の鳥」の自動演奏楽器版を取り上げる。

第5回 最後のヴィルトゥオーゾ
ヤッシャ・ハイフェッツを題材に超絶技巧とは何か、どうしたら会得できるのかを探る。彼と同じ楽器を現在使用している、サンフランシスコ交響楽団コンサートマスターのAlexander Barantschikと共に。

第6回 フロイトとバレエ
舞踊家ナタリア・マカローヴァをゲストに、心理的なものを音楽がどう取り込んだかについて、「ジゼル」とそれ以後を対比させて取り上げる。

第7回 演奏するのはブーレーズ、でも聴くのはジェームズ・ブラウン!
現代音楽に傾倒していた大学時代に、ジェームズ・ブラウンを聴いて、音楽観が変わったというMTTの彼へのインタビューを中心に。

第8回 五世代を越えて
MTTがピアノを師事したジョン・クラウンは、遡っていくとローゼンタール・リスト・ツェルニー・ベートーヴェンへと続くことから、教師が技術面などだけでなく、音楽的な思想を次の世代へ受け継がせるにはどうすべきかを探る。

American Public Mediaの The MTT Files ウェブサイト
KEEPING SCORE ラジオ版ウェブサイト
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/130-89cf7584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。