上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、オーケストラのライブ映像を見るのが好きで、今までいろいろ見てきました。そんな中、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の映像を見て思うのは、オーケストラメンバーが指揮者をよく見ているように感じられるということです。

これは意識してそうなのか、それともティルソン・トーマス(MTT)があまりに派手なアクションを繰り出してくるので、思わず見ちゃうのか?

オーケストラの中には、指揮者の映像だけ見たら感動そのものなのに、よくよく音楽を聴いてみると、オーケストラは指揮者にお構いなしにマイペースというのもあったりします。

そこへいくと、サンフランシスコ交響楽団は、それはもうスカッとするくらい、MTTの動きに反応します。

KEEPING SCOREのリハーサルシーンで、彼がこういうイメージでこういう音楽にしたいと語るシーンが何度か出てきますが、ライブ演奏編を聴くと、話していた通りの音楽になっているから驚きです。

こんなに思いを実現してくれるオーケストラって、そうめぐり合わないのではないでしょうか。

彼らの一致団結感というか、音楽が一つになっているエネルギーは、すごいと思います。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/137-a416f75a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。