上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MTTを研究する | 2007/04/15(日) 12:00
「The MTT Files」の第2回では、ティルソン・トーマス(MTT)が一つのメロディーをユダヤ風とかアフリカ風に歌ってみせるシーンがあります。KEEPING SCORE「春の祭典」のドキュメンタリーでも、ロシアの民謡を歌っていました。

これが、いきなり地声で歌い出すものだから、かなりインパクトがあります。本人にも自覚があるようで、歌い終わった後にわびを入れています。

彼は声楽のレッスンには通わなかったのでしょう。

彼の経歴を見ると、少年時代は科学者志望で、南カリフォルニア大学で鉱物学や生化学を修めたとあります。

何だか似合います。一つのことをずっと探求するという点では音楽家と変わらないから、科学者でも成功したかもしれません。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/150-700bbe2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。