上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス(MTT)の指揮姿を見るのは楽しいです。私は彼のコンサートにも行ったことがなく、マーラーの録音しか聴いていなかったので、初めてその姿をビデオで見たときは、録音からイメージしていたものとのあまりの違いに結構な衝撃でした。

彼の指揮はいわば、「魅せる」ための指揮です。

KEEPING SCOREのビデオを見ても、リハーサルで音楽を作る段階と本番とでは、明らかに違います。

本番の彼は、お客さんに見て楽しんでもらうことを強く意識した指揮です。

何かアイドルの振り付けのように、ここではこうやるというのがあらかじめ決まっているかのように要所要所のアクションが決まっていきます。そしてすべてが流れるようにしなやかです。

これは今でこそパーソナリティと一体化してしまっているけれど、若いときは絶対に鏡の前で練習したに違いないと私は踏んでいます。もし天然であそこまでできるのだとしたら、天才です!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/151-142e8252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。