上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロサンゼルスネイティブのティルソン・トーマス(MTT)。彼は近現代の作品を多く取り上げていますが、「The MTT Files」での話などを聴くと、このロサンゼルス育ちということの影響が大きかったのかなと思います。

今も昔もハリウッドは吸引力がものすごくあって、ビッグマネーが動く場所。そして作曲家にとっても映画の仕事というのはビッグチャンスであり、多くの作曲家がハリウッドにやって来ていた。そういう環境にあってマイケル少年は、門前の小僧よろしく作曲家が指揮をしたり、録音する場所に出かけては影響を受けて育った。

私などの素人考えでは、作曲家というのは演奏家よりもさらに芸術家然としていて、ピアノの前かデスクでひたすら書いているイメージを持っていたりしますが、「The MTT Files」の話を聴くと、チャンスやお金を求めて必死な普通の人間なのだということに気づかされます。

ストラヴィンスキーにしても、ティルソン・トーマスにとっての彼は、サンクトペテルブルグの古きよき時代のエレガンスを象徴する存在なのだということがよくわかり、なぜティルソン・トーマスのストラヴィンスキーにワイルドさがないのか合点がいきました。

多くの作曲家と交流したことは、彼の大きな財産の一つなのだと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/167-01c0adad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。