上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MTTを研究する | 2007/05/10(木) 12:00
The MTT Filesも後半に入り、第1回を聴いたときは、MTTの全く隙のない語りにあっけにとられた私も普通だと感じるようになりました。慣れの力は大きいです。

この番組を聴くと、ある職業にはその職業特有の能力が発達するのだということがよくわかります。指揮者の場合は、

擬音の能力

やはり自分の考えやイメージを演奏者に伝えるのが仕事なだけあって、パッセ-ジやメロディーを口でニュアンスをつけて表現するのがものすごくうまい。「ラヂオの時間」の藤村俊二さんと対決させたいくらい(ちょっと違う?)。

この擬音の能力は、演奏家にはないのではないでしょうか。そういう意味では、指揮者はとてもラジオ向きの人たちだと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/170-91f9b94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。