上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団は、マーラーシリーズの続きとして、「子どもの魔法の角笛」(バリトン:トーマス・ハンプソン)をライブ録音しています。

このシリーズ、今まで交響曲8曲をリリースしていますが、録音時期を見ると、うち6枚が9月に録音されています。

なぜか?

彼らのシーズンは、9月に始まり6月に終わりますが、シーズン中はほぼ毎週4回のコンサート+α(イベントや教育プログラム)をやっているため、まとまった練習時間がとれない。だからシーズン前にきっちり練習してから録音するのでしょう。CDを聴くと、(プロという前提の上でも)すごく練習したのだろうと思わざるにはいられません、私は(特に6番)。

録音に向けて何回くらいリハーサルをするのか?このご時勢にあの値段で売り続けることについてどう考えているのか?何枚くらい売れたのか?など、彼らのマーラーの録音については聞いてみたいことがたくさんあります。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/173-c236f2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。