上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日(5/20)は、「ナクソス島のアリアドネ」に行きました。これが何の期待もせずに出かけたのですが、今まで聴いたアリアドネの中で最高かもしれないと思いました。オーケストラの編成が少ないという作品の特徴がとても生きていたし、歌もメリハリがあって非常に楽しめました。演出はカール・ベームの時代と変わらないような感じなのですが、きれいだったし、それはそれで良さがあるのかなという気がしました。観光客がどのくらいを占めるのかよくわかりませんが、お客さんもたくさん入っていました。

ところで、今ウィーン国立歌劇場はレクサスがジェネラル・スポンサーだそうで、チケットからパンフレットからあらゆるものがレクサスマークです。コーポレート・スポンサーは普通は複数並んでいるので、一社どころか一ブランドが個別の公演ではなく、全体についてこれほど突出しているのは初めて見ました。

トヨタにこの広告効果はどのくらいあるのでしょう?昨年サンフランシスコに行ったときは、街でレクサスが走っているのを何度も見ましたが、ウィーンでは見かけません。

ヨーロッパ系の企業が目立たない表示しかなく、レクサスだけが飛びぬけて表示されているのを見て、そのポートフォリオでいいのかと疑問にも思うし、日本人としては驚くばかりです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/181-210748c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。