上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーンで旅の最後を飾るのは、ノリントン&シュトゥットガルト放送響。初めて噂のノンビブラートを生で聴きます(5/23)。

20070524065405.jpg

本日の会場、楽友協会。今日は日本人もいっぱい来ていました。


一曲目のワーグナー「ヴェーゼンドンクの歌」では、普通にビブラートをかけていました。人間の声と合わせると、ノンビブラートはさすがに違和感があるのかもしれません。

2曲目はブルックナーの交響曲第3番。こちらはノンビブラートです。金管、特にホルンの響きが新鮮。目が覚めるような感じがします。長いフレーズを歌うようなところは、ちょっと表現の幅が狭くなるのかなと感じましたが、和音が持続したときに、濁りのない響きのよさがよくわかります。

ノリントンの音楽は、きっぱりはっきりしていて、終楽章のコーダも一切もったいつけずにそのまま突っ切って痛快。MTTもそうですが、感動させようとはしません。

アンコールは、シューベルトのロザムンデ(正確には何ていうのでしょう?)。こういう和声の変わり目のはっきりした曲は、ノンビブラートのよさが活きます。さすがの選曲。

シュトゥットガルト放送響は、個々人の技量が高くて、素晴らしいオーケストラだと思いました。ブルックナーの交響曲があっという間に感じられるとは!

さて、今回ウィーンで行った6つの公演は、どれも充実していて、来てよかったと思うものばかりでした。明日はプラハへ移動です。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/184-18da9a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。