上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラハに着きました(5/24)。観光客であふれています。

20070526075203.jpg

ずっと眺めていても飽きない景色です。


もともとプラハの一日目は、前にこのブログでも紹介した韓国のピアニスト、クン・ウー・パイクのベートーヴェンのピアノソナタの演奏会に行く予定にしており、とても楽しみにしていたのですが、ウィーンで3楽章の交響曲のリズム感にやられてしまった私。もはやピアノを聴きに行っている場合ではない!ということで、今日もサンフランシスコシンフォニーで決定。

パイクのチケットがもったいないので、代わりに行ってくれる人を探すことからプラハの旅はスタート。ルドルフィヌムの前で写真を撮っている、一人旅っぽそうな人に声をかけてみますが、難しい。観光客はツアーの団体か年配のご夫婦が圧倒的に多い上に、昼間観光して疲れているのに、ベートーヴェンでしかも30・31・32番。よっぽどピアノが好きじゃないと行かない。見るからにコリアンな人にもトライしてみましたが、興味なし。これ以上やっていると疲れてしまうので、あきらめました。パイクさん、ごめんなさい。次の機会には必ず聴きに行きます。

それにしても、プラハの街はクラシック音楽のコンサートの勧誘がすごい。前に来たときは8月で、コンサートのシーズンオフだから観光客向けのコンサートを代わりにやっているのかと思っていたら、これは一年中やっているのですね。びっくりしました。

新しい街に移ると、その街のペースに慣れるまで疲れます。街角で皆が並んでいたジェラートを食べました。人口香料だったのですが、暑くて疲れていたのでおいしかったです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/186-a3b7965c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。