上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは徹底的に魅せるつくりで楽しい。
Keeping Score: Rite of Spring Keeping Score: Rite of Spring
Stravinsky、Sfs 他 (2006/11/14)

この商品の詳細を見る

次々と切り替わる画面、ぐるぐる回るカメラ、斜めの映像にも、見ているうちに慣れます。

これらの狙いは、ドキュメンタリーで説明した、どの音をどの楽器に割り振っているかとか、どの楽器のコンビネーションでリズムを形成しているのかという点を、画面を見ながら音を聴くことでリアルに感じとってもらうということ。

魅せる演出では、第一部の終わり~ドラムの連打ソロ→マイケル左ストローク→指揮者の背後からオケ全体を映す→ものすごい勢いの弦楽セクション→マイケル決めのポーズ→残響を止める打楽器奏者の気迫「オレたちはこれに命を懸けている」で終わる~という一連の流れが最高。

演奏は、何か一部分を強調したりしないバランスのとれたもの。リズムの躍動感にあふれるティルソン・トーマス(MTT)ワールドです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/19-4380a70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。