上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:五世代を越えて

今回は、ティルソン・トーマスが南カリフォルニア大学で師事したピアニストのジョン・クラウンが、ローゼンタール→リスト→ツェルニー→ベートーヴェンという系譜にあることから、教師がどのように音楽的な思想を弟子に伝えていくかという話です。

私はティルソン・トーマスのピアノは、音がきれいだとは思いませんが、演奏するときに頭と上半身の軸がぶれないところを見ると、きちんとしたピアノの教育を受けたのだということを感じます。

番組では、ティルソン・トーマスがジョン・クラウンから学んだことの話から始まり、そこからその師に順番にさかのぼりながら、その音楽や演奏とともに、弟子が師匠について述べている資料なども合わせて、どのような音楽的思想が伝わっていったかを探っています。

ティルソン・トーマスの話によると、音楽家は多くの観客とコミュニケーションをとる仕事だけれども、そのための時間というのは、一人で作品と向き合う孤独な作業の連続である。そういうときによりどころとなるのは、師から学んだことと受け継がれてきたその背景にあるものだと思うそうです。だから自分が人に教えるときも、その人が同じように一人で作品と向き合ったときに、よりどころとなれるようなものをなるべく伝えるようにしているとのこと。

未来に向けてどう音楽がつながっていくかは、自分たちが受け継いできたものをどう伝えるかにかかっているという言葉で番組は締めくくられています。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/191-95aeb57a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。