上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-2008シーズンは、ニュー・ワールド交響楽団の創設20周年にあたり、華やかにお祝いをするそうです。

640名もの卒業生をプロの演奏家にしたという実績の点でも、今までなかった職業訓練としての音楽教育機関という意味でも、ものすごい成果ですが、大きなコンサートホールではなく、700席程度の劇場で20年も若者たちと音楽をつくり続けてきたことの重みや、食住はじめ生活費を支給しながら、常に100名もの若者をお預かりしてきたプレッシャーを想像すると、関係者の方々の思いはいかばかりかと思います。ウェブサイトを見ると、本当にゼロから始めてここまで来たのだということがよくわかります。結成したころの写真がいくつもあるのですが、MTTも若い。

シーズンのハイライトは、リンカーンシアター(ニュー・ワールド交響楽団の本拠地)でのオープニングコンサート(10月13日)と、昨年マイアミに出来たカーニバルセンターのコンサートホールでのシーズン・フィナーレ(5月3日)。

オープニングのプログラムは、ギル・シャハムをゲストに迎え、メインはバーンスタインの「Fancy Free」。

フィナーレの方は、ニュー・ワールド交響楽団の主たる卒業生20名も加わり、チャイコフスキーの「白鳥の湖」第3幕とストラヴィンスキーの「春の祭典」。やはり切り札はこれで決まりでしょう。どんなに盛り上がることか、楽しみです。MTTは泣くかな?

ニュー・ワールド交響楽団のアニバーサリーシーズンサイト
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/222-489aac91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。