上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマスの音楽の核心部分が、ヨーロッパの背中を見ている音楽ではないことにあるというお話で、日本にも日本独自のクラシック音楽の発展型を探る指揮者が登場すれば面白いと書きました。

前回は触れませんでしたが、これには前提があります。

ヨーロッパの背中を見ている音楽ではない、アメリカ独自のクラシック音楽の発展型を探ることは、ティルソン・トーマス一人によるものではないということです。

それを探求したアメリカの作曲家による数々の作品の存在、そして彼の偉大なる先達バーンスタインの築いた道の上に重ねられているものであるということ。

だから、日本独自のクラシック音楽の発展型を築くには日本人作曲家の活躍という要素は不可欠だろうし、それを築いていくには何世代もかかるのでしょう。

そして日本の作曲家の作品というのは、単に日本人が書いた作品ということとは異なります。The MTT Filesでやっていたように、音楽を聴いたときに一般の人がアメリカらしいと感じられるかとか、その音楽を聴いたときに感じるフィーリングがアメリカ人皆が共有できるようなものであるかとか、それが「アメリカンサウンド」だという、そういうレベルの話なのです。

結局は、クラシック音楽をやっている人たちや一部のファンの中で完結してしまうのではなく、一般の人に共有されてはじめて「アメリカン」になれるということなのでしょう。

ティルソン・トーマスが執念のようにやっている活動は、すべてそこへ収束していくのではなかろうかと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/225-da1d56be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。