上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス(MTT)と無縁なもの、それはこってりギラギラ感。彼の音楽は、派手に鳴っていてもオイルフリーです。

彼自身も脂でテカッていたりしません。どこまでもしなやかでサラサラです。私の印象では、彼は気取りも気負いもない感じ。彼の言動は自然体の結果なのでしょう。

したがって、彼がベートーヴェンの「英雄」で、「誰が英雄かは、聴いたあなたが決める」と力強く語っていたり、ゴールデンゲートブリッジの前で革ジャン着て立っていたりするのも、すべてマジだと思います(例えば、刑法で違法性の意識がないという、あの話と同じだと考えるとわかりやすいでしょう)。

彼が舞台で汗をかいている気配がないというのも、このブログで以前に取り上げましたが、その後何度も聴きに行き、いよいよ確信に近くなってきました。

ソリストがいるときに、ソリストは曲の間に一生懸命汗をふいているのですが、MTTはその間ちんとして待っています。

黒田恭一さんが、ネトレプコは汗でだらだらになったりしない。それがスターの証だというようなことを書いているのを読んだことがありますが、この論理にあてはめると、MTTは大スター?
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/229-a16c2d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。