上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せになれる一枚。

Gershwin: Rhapsody in Blue; Concerto in F; An American in Paris Gershwin: Rhapsody in Blue; Concerto in F; An American in Paris
Jerome Simas、 他 (2004/07/13)
RCA Red Seal
この商品の詳細を見る


収録は、ラプソディー・イン・ブルー(ニュー・ワールド交響楽団、ピアノもティルソン・トーマス)、パリのアメリカ人、ピアノ協奏曲(以上、サンフランシスコ交響楽団)の3曲。

ガーシュウィンは、ティルソン・トーマス(MTT)がサンフランシスコ交響楽団の音楽監督になった初めのころに集中して取り上げた作曲家です。ガーシュウィンの生誕100年の1997年には、ガーシュウィン・プログラムで全米ツアーもやっています。

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団には、クロスオーバーなレパートリーが似合います。もうそういうのだけやっていてもいいくらい。彼らにはクラシックのアーティストらしからぬスポーティさとセンスがあるのです。

このCDもオペレッタのCDなどと同じように、聴いた後には、しばらく鼻歌で歌っちゃうような演奏です。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/235-f8d3933f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。