上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KEEPING SCOREには、サンフランシスコ交響楽団のファミリーコンサートの様子がよく登場します。

これが毎回、非常に楽しそう。

子ども向け=大人とは違う内容、という常識をいとも簡単に覆し、難解といわれる曲でも普通に採り上げてしまいます。

でも、そこにはちゃんと戦略があるのです。

まず、毎回テーマがあります。それに応じて、始めに曲の構成要素とか担当楽器などの「ここに注目して聴いてね」という部分について、取り出して演奏します。その時、ティルソン・トーマス(MTT)やオーケストラメンバーが観客の興味を惹きつける話を加えます。そして観客の好奇心がかき立てられたところで実際に通しで演奏をします。

例えば「春の祭典」

1. ストラヴィンスキーが、師であるリムスキー=コルサコフが作り上 げたロシア的な音楽である「MLADA」の書法を取り入れて「火の鳥」を作り成功したというところから話を始め、両者の音楽の類似点を聴き比べさせる。
2. そしてストラヴィンスキーがオリジナリティを追求した結果「春の祭典」に至ったのだと話を展開させ、
3. ではどこがオリジナリティなのかというところで、曲をいくつかのパートに分けた上で、メロディーやリズム、担当楽器などの要素を取り出して聴かせ、
4. 最後にある程度まとまった長さを通して聴かせる

という内容なのです。

サンフランシスコ交響楽団のパンフレットには、

「オーケストラのライブ演奏の忘れられない経験は、一生続く子どもへの贈り物」

とありますが、クラシック音楽の本質的な魅力を感じ取ってもらいたいという姿勢に、彼らの潔さを感じます。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/24-fd53af5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。