上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外旅行シーズンということで、ウィーンでのおすすめをご紹介します。

私のおすすめは、サイクリングです。ウィーン市内は、自転車専用道が整備されていて自転車で周るのに快適。緑の中、風を切って走るのは実に爽快です。実際に自転車で観光している人たちが欧米人を中心にたくさんいます。年配の方がばっちりウェアと自転車を決めて走っているのもよく目にします。見所も自転車で周れる距離にあるので便利。

リング周辺にはレンタサイクルのスタンドが随所にあって便利ですが、ちょっとママチャリっぽい。プラーターの近くにあるペダルパワーというお店なら、ちゃんとした自転車を借りられます。セグウェイもあり。

PEDAL POWER ウェブサイト

ところでここしばらくウィーンでは、ベルトラン・ドゥ・ビリーが人気だと雑誌などで紹介されているのを見かけます。確かに任されている演目や市内の掲示での露出などを見ても人気なのだろうとうかがわれます。私も過去彼の振った「フィデリオ」と「ドン・ジョバンニ」を観、評価していました。しかし今年初めの来日公演に行ったとき、アンコールに光るサテン地の着物(?)、しかも「福」という文字がマルの中に書いてあるやつ(それ、日本じゃないと思うよ)で登場し、ラデツキーマーチの手拍子を強要(?)されたという一件があり、それ以来うちでは誰もビリーの名前を口にしなくなりました。

ウィーンといえば、何でも現地の大御所の評論家がデュダメルを「生まれながらの指揮者」だと言ったとか。最近、彼の映像をよく目にしますが、私はあの髪型に目がくぎ付けになってしまいます。彼の女性ファンの割合はどれくらいなのだろう?と思ったり。でも彼からは、音楽が大好きだということはとても伝わってきます。「生まれながらの指揮者」と称されるデュダメル。ちなみにティルソン・トーマスは、「生まれながらのteacher」だと称されております。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/241-eb9a1235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。