上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋で最近出た「指揮者列伝」という本を見つけました。こういうのにティルソン・トーマスは載っているのかと手に取ってパラパラめくってみたら、いましたいました。玉木正之さんが書いていて、

顔で損をしている

そうです。何でもティルソン・トーマスがいくら立派な発言やいい演奏をしても、あの「飄軽」な顔が効果を減殺してしまうのだとか。

その本は、何故か1ページもティルソン・トーマスにさいていて(これはお礼を言うべき?)、大きなポートレート写真が載っています。多分40歳代後半から50歳くらいのときのものと思われる、スポーティなマイケルがにっこり微笑んでいる写真。写真と文章から、見た人は皆納得してしまうでしょう。さらに、話がもう12年以上も前のロンドン響時代でおしまい。

「あの~、彼はまだ生きていて続きがあるんですけど、、、、」

本で取り上げる指揮者の切り口を考えたとき、彼の場合は顔になってしまうということでしょうか?実際、日本の男性クラシック音楽ファンでティルソン・トーマスの顔に目が行く人は結構いるように思います。私が彼に最初に興味を持って、ネットで検索していろいろ見ていたとき、「えらく男前である」というように書いてあるのをいくつも目にしました。中には「MTTは想像していたよりも老けていて、じいさんが踊っているようだった」とコンサートの感想を書いている方もいましたが、こちらはなかなかに的を得ているかも。彼の場合、顔単品というよりもそれに派手なアクションが伴っていることを忘れてはなりません。

ちなみに現在のティルソン・トーマス(62歳)は、何か余分なものが削ぎ落とされてとてもすっきりした雰囲気が漂っています(マラ5のCDの音楽の印象そのままです)。今はもう顔もアクションも含めてキャラごと超越しちゃっているかと。

最後に私が2回彼を近くで見た感想をご紹介すると、最初にチューリッヒの空港で、明るい自然光の下で見たときは、「あぁMTT、顔が魔女にしか見えないよ」と思いました。2度目にサンフランシスコ交響楽団の音楽監督の部屋でお目にかかったときは、間接照明だったせいか、存在そのものがむちゃくちゃカッコ良かったです。

それにしてもティルソン・トーマスの現況の日本での知られていなさかげん。「あの人は今!」クラシック音楽編をやったら、選ばれるかも?

図説指揮者列伝―世界の指揮者100人 図説指揮者列伝―世界の指揮者100人
玉木 正之、平林 直哉 他 (2007/05)
河出書房新社
どんな変人揃いなのか期待させる(?)表紙
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/244-200bd120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。