上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、サンフランシスコの地元紙である「サンフランシスコ・クロニカル」におけるサンフランシスコ交響楽団の記事を通して、地元密着型オーケストラのパブリシティを見てみたいと思います。

まず、コンサートやアーティストの情報とそのレビューがあるのは、日本の新聞におけるオーケストラの扱いと同じです。違っていて注目すべきは、それ以上のローカルネタにあふれている点です。どんな記事があったかというと、

新しいオーケストラメンバーの紹介、退職するメンバーごくろうさんの記事から始まり、組合交渉が決裂したとか、ようやく妥結したとか、オーケストラの誰それががんの闘病から復帰したとか、元ボードメンバーの誰それが亡くなったとか、マネジメントの人事異動の話、コンサートの演奏途中で火災報知機が誤作動したとか、株価が下落したせいでいくら赤字になったとか、今期はどうする計画かとか。

こんなにいろいろ話題になってしまうというか、してしまうところにびっくりです。さすが地元密着型オーケストラのサンフランシスコ交響楽団。

過去のできごとの中で面白かったものは、「コンダクター・スワッピング」。同じ日にサロネンがサンフランシスコ交響楽団を指揮し、MTTがLAフィルを指揮するという企画をやったそうです。サンフランシスコをあげてサロネン大歓迎で盛り上がったそう。聴きたかった。

昨年初めて中国ツアーをやったときのことは、連日詳しく報道されていました。ティルソン・トーマスが上海の音楽院で指揮の公開レッスンをやったそうなのですが、最後彼の気迫に通訳の人が口を挟むべきではないと判断し、静まりかえった中で語ったそうです。コンサートの後は、お客さんと質疑応答などのコミュニケーションの時間もあったそう。(MTTは中国でもコープランドをやり、Making Musicの持論を展開したらしい。)

日本のメディアでは、コンサート情報が中心を占めており、アーティスト側もこうしたメディアか大量のちらしなどでコンサート情報を発信することに目がいっているように思います。サンフランシスコ交響楽団が地元紙にコンサート情報だけでなく、いろいろな面から話題を提供していることが、パブリシティとオーケストラを身近に感じてもらうことの2つの役割を果たしていることは、とても参考になると思います。

新聞記事を読み、あらためてこれだけ身近な存在だと、オペラグラス持参でコンサートに来ちゃうお客さんがいるのも納得だと思いました。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/245-e6d8b3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

はじめまして。

はじめまして。
数日前にこちらのブログを偶然拝見しました。

MTTは私が大学生の頃にロンドン響の来日公演でワーグナー:ジークフリート牧歌とマーラー:交響曲第5番を聴いて痛く感激していました。
20年近く前のことです。そんなに外来公演を聴いているわけではないのですが、これは特別だという印象が残ってます。

最近はサンフランシスコ響との関係が密接だということ、こちらのブログを興味深く読ませていただいております。
それと、このコンビのCDが最近廉価で発売されています。

マーラー・サイクル。こっちは高いのでなかなか一度に買えませんが、6,7,9番をじっくり聴いております。
2007/07/25(水) 14:11 ピースうさぎ URL [編集]

ピースうさぎさま

ブログをご覧いただきありがとうございます。
20年前にお聴きになったとのこと、とても貴重だと思います。私は残念ながら来日していた頃の演奏は聴いていないので。
RCAの廉価盤は、これを機会に彼らに気づいてくれる方が増えてくれればと応援しています!
2007/07/26(木) 00:38 潮 博恵 URL [編集]







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。