上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーノンクールも私の好きなアーティストですが、アーノンクールとティルソン・トーマス(MTT)は似ているって思います。

レパートリーやアプローチはもちろん、本人のまとっている雰囲気も全く違うのに。

NHKでやっていたアーノンクールのインタビューで、彼は「ただ昔の奏法を再現するだけでなく、今の時代に古楽のスタイルで演奏することの意味をいつも考えている」というようなことを言っていました。

古楽のスタイルは手段であって、結局作品を「今生きているもの」にすることが重要ということなのでしょう。

徹底して作品を探求する姿勢と、自分の構想した音楽を実現させるための執念。そして格闘した末に生み出される音楽が「今生きているもの」だと感じさせるという点で、アーノンクールとティルソン・トーマスは似ているのです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/25-90f8ee89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。