上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団には、自分たちの活動を紹介するプロモーションビデオがあります。彼らはこれを販促はもとより、資金調達やメディア等への情報発信のアピールのツールとして役立てているようです。どんなものがあるかご紹介しましょう。

Making Music with You
(KEEPING SCORE チャイコフスキー編のDVDに収録)
ティルソン・トーマスが音楽監督になってはじめの4~5年間に、新しい観客や若い人をコンサートに呼び込むとともに、観客と一緒に音楽をつくる努力をした軌跡を紹介するもの。クロスオーバーなアーティストとのコラボレーション、現代音楽を聴かせる様々な仕掛け(パフォーマーとの共演、楽器の配列など見せ方を工夫しているところ)、ティルソン・トーマスが客席に飛び降りて、観客とコミュニケーションをとっているシーン(多分、楽器をやっているお客さんに楽器持参で来てもらい、一緒に演奏するという企画)などがあります。

このビデオは、私が彼らに興味をもつ決定打となったものです。

マーラーレコーディングプロジェクトのDVD(非売品)
現在最高水準の技術を用いて、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の“今”のマーラーを伝えるという彼らの意気込みにあふれたDVD。リハーサルシーンやエンジニアとMTTが作業しているシーン、関係者のコメントなどで構成。ライブの切れ味の鋭さをそのまま出したいとティルソン・トーマスが語っていますが、一連の録音はその通りの仕上がりになっていると思います。

KEEPING SCOREプロジェクトのDVD(非売品)
昨年秋のテレビシリーズ3本(ベートーベン、ストラヴィンスキー、コープランド)の番組宣伝で構成。「音楽における革命」という切り口から作品の内容に踏み込んだドキュメンタリーで、クラシック音楽を聴く楽しみを幅広い層に広げるという、シリーズの内容および趣旨が理解できるもの。このプロジェクトがテレビだけでなく、ラジオ、ウェブ、教育プログラムなどメディアミックスで、それぞれに別のコンテンツで展開されることも紹介。

教育プログラムのDVD(非売品)
音楽を聴かせるとか演奏に参加するという従来からの教育プログラムとは別に、昨年KEEPING SCOREプロジェクトの一環として新たにスタートした、主要教科(国語、算数、理科、社会など)の授業で、理解を助けるためのツールとして音楽を用いる教育プログラムという彼らのチャレンジを紹介するもの。先生方への研修や授業の様子、先生方やシンフォニーの教育担当者のコメントなどで構成。音楽は多様な価値観への理解に役立つと結んでいますが、その通りだと思います。

この教育プログラムを紹介する動画は、KEEPING SCOREウェブサイトでもご覧いただけます。こちらからどうぞ。

この教育プログラムについての過去の記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/250-2c647ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。