上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はサンフランシスコ交響楽団の本拠地、デイビスシンフォニーホールのどの席がおすすめかをご紹介します。

Loge(110~114ドル)
予算にこだわらないのであれば、やはり一番のおすすめはロジェです。ロジェ席は、入り口からちょっとしたVIP気分を味わえます。シートも足回りのスペースも他のカテゴリーよりも広め。肘掛も隣の人と共用ではなく、一人ひとりにあります。音も非常によく、プレミアオーケストラの席よりも、私は断然ロジェだと思います。

さらにロジェの目玉はロジェラウンジ。ロジェのお客さん専用のラウンジで、休憩時間もソファーに座って過ごせます。バーコーナーのドリンクも持ってきてもらえていたれりつくせり。

Premier First Tier(65~69ドル)
ロジェ席と数メートルしか離れていないのに、価格が6割程度というお得な席。デイビスホールは、オーケストラフロアで聴くよりも、ステージから距離がある席で聴く方がいいと私は思っています。

Center Terrace(25ドル)
ステージの後ろの席です。ティルソン・トーマスが振る日はやはりここでしょう。同じこと考える人は多いみたいで、心なしかいつも埋まっているような。私はこのブログで彼のアクションをよく取り上げていますが、やはり初めて見たときに

「こんなのありなのか?」

と思った印象が強いのです。今も慣れるどころか、6月のプロコフィエフ・フェスティバルの「3つのオレンジへの恋」組曲でも、曲の最後でのアクションに「へ?」と気をとられた瞬間に終わってしまい、音を聴き損ねてしまいました。

今回ご紹介したカテゴリーはどれもおすすめです。ぜひ一度お出かけください。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/251-1fbc2542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。