上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国ドラマの「宮廷女官チャングムの誓い」フェスティバル・イン東京ドームなるものが8/11に開催されるということをつい最近知りました。主演のイ・ヨンエさんをはじめ、ほとんどの主要キャストがアシアナ航空の「大長今」チャーターで来日するという4万人規模の大イベントで、地方から参加される方のために宿泊とセットになったツアーまであるみたいです。私はティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団に気を取られていて全然そのイベントを知らなかったということと、「チャングムブームはまだ続いていたのか?」ということに驚きました。

「チャングムの誓い」、私も見ました。そして「いざ行かん、韓国へ。ドラマに出てきた料理を食べに!」と出かけて行った一人です。

料理監修をした方の宮廷料理のお店はもちろん、冬虫夏草などの漢方素材がたっぷり入った鴨鍋、饅頭(マンドゥ)など。

特に冬虫夏草の入った鴨鍋は食べたことがなかったので、どうしてもトライしたかった。ガイドブックにも情報がなかった(当時)ため、NHKのドラマの最後にやっていた「チャングムミニ事典」で出てきたお店の看板に書いてあることをビデオを止めて書き写し(ハングルを読めないため何が書いてあったかは不明)、ホテルのコンシェルジェで「これしか情報がないけれど、ここへ行きたい」と言ったら、韓国の方は親切なのでスタッフ3人がかりでいろいろ調べて教えてくれました。念願の鴨鍋はちょっとクセのある味で、好物になるようなものではありませんでしたが、何か身体に良さそうな風情は漂っていました。

饅頭の方は、これも「チャングムミニ事典」に出てきた映像がおいしそうだったのですが、こちらは「おばあさんが店頭で饅頭を包んでいる」ことしか情報なし。ガイドブックの饅頭のお店を片っ端から調べて、「おばあさん」をキーワードにあたりをつけ、お店に行き着くことができました。饅頭は蒸し饅頭がおすすめです。スープもおいしいのですが、蒸しの方が皮や餡の味をはっきり感じることができます。

この他にも、ちびチャングムの名場面、「柿でございます」の柿が日本の柿と味が違うらしいということで、これも試さねばと市場へ。小ぶりで熟していてやわらかいのですが、思ったよりもすっきりした味でした。

チャングムもMTT&SFS活動もノリは全く同じ。ガッツあるのみ!
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/257-9ab8ae55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。