上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーラー「嘆きの歌」のリマスタリング盤をリリースするティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団。オリジナルのCDジャケットがとても若いティルソン・トーマスの写真だったため、今回はどうするのかと思っていたら、今の写真でした。

Mahler: Das klagende Lied Mahler: Das klagende Lied
Sergei Leiferkus、 他 (1997/05/20)
RCA
この商品の詳細を見る


アマゾンにジャケットがアップされていないので、並べてご紹介できないのが残念ですが(HMVでは見ることができます)、今回の写真は今までさんざん広報用に使いまわしてきたもので、「どうする?」「あー、これ、まだCDに使っていなかったからこれでいいんじゃない?」で決まった、みたいに気合が入っていない。

こうしたパブリシティと言えば、ティルソン・トーマスは何度も同じ服で登場します。イギリスのチャールズ皇太子夫人のカミラさんも、同じ服を着てパブリックな場に登場するそうですが、逆にタダ者ではない感をかもして話題になるそうです。MTTの場合は他意はないのでしょうか?彼があまりにもブルーの服を着ているので、私はひょっとして占い師に「あなたは青い服を着ていると運が開ける」とでも言われたのかな?と思っています。

色彩心理学的には、ブルーは理知的な印象を相手に与えるのだそうですが、MTTはことさらに何かしなくても理知的に見えるかと。

ティルソン・トーマスは髪がグレーのストレートになり、眼鏡をかけたことで、イメージが穏やかになったと思いますが、彼の昔を知る人は、彼がこうなったことに時の流れを感じるらしいです。私は昔の彼を写真でしか知りませんが、雰囲気に重々しさが欠けるというような文脈で「生まれも育ちもハリウッド」とよく書かれているティルソン・トーマス。彼はその通りロサンゼルスの若い頃の思い出話が大好きです。私はそれを聞くと、MTTも普通の60歳代の人間なのだなと感じます。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/264-edfb38eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。