上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事で、アーティストが来日に破格のギャラを要求してくる原因の一つに、日本での評判がその後のアーティスト活動に与える影響が少ないこともあるのではないかと書きました。

これは日本公演がいわばPDCAサイクルのC(check)とA(act)がない状態で続いていて、公演の実績を来日アーティストが次に生かせる仕組みになっていないということなのだと思います。

何でこうなるか考えると、一番大きいのは単発の仕事だということですが、一つには日本でレビューがいろいろあっても日本語で書かれていることもあって、彼らに届いていない、海外に日本のレビューの影響力がないということもあると思います。だから日本公演のレビューを英語で発信していけば、日本のマーケットに対する見方も少しは変わるのではないかと思いました。

現にサンフランシスコ交響楽団の方と話をしたときに、遠く離れた日本の一般人である私が、サンフランシスコ交響楽団の音楽をどう聴いて、どこを見ているのかということに彼らはとても興味を示していました。だからきっと欧米人には拍手以外で日本人がどう感じているのか伝わっていないし、伝えないから日本を甘く見る輩が出てくるのではないかと思います。

英語でレビューを発信するのは面白そうですが、いくつか困難なことがあります。まず中立性ということを考えると、自腹でチケットを買って出かけることは不可欠なのでコストがかかる。

できればレストランガイドのミシュランとかザカットみたいに、指標的なものが出せればベターなのでしょうが、音楽は主観的なものだらけで難しい。

そして一番難しいのは、欧米人に読んでもらえる評論を書くということだと思います。彼らの評論を読むと、レトリックが結構難しい。これは平易な言葉や文章で書いたのでは権威があるように感じさせられない、頭がよく見えないということなのではないかと私は思っていますが。そして彼らはびちーっといろいろ書いていて話が長い。この点に関しては研究と修業が必要です。

今回NBS NEWSを読んだことがきっかけでしたが、評論なんて特殊な世界で、なくても困らないくらいの認識は間違いなのではないかと思いました。政治や経済と同じように第三者による事後的な評価は、健全な発展のために欠かせないのです。そう考えると、昨今のこれから公演予定があるアーティストの紹介記事だらけというクラシック音楽メディアのあり方も含めて、日本のマーケットを考える必要がありそうです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/268-6df99381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。