上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館から帰ってきた夫が私にぴったりの本を見つけた、ホレと言って一冊の本を差し出しました。

「とんでとんでサンフランシスコ」

とんでとんでサンフランシスコ とんでとんでサンフランシスコ
ドン フリーマン (2005/08)
BL出版
この商品の詳細を見る


この本はその図書館の夏休み推薦図書<中学生向け>だそうですが、絵本が中学生向き?ミスプリント?それとも今どきはビジュアルじゃないと読んでもらえないということなのでしょうか。

物語は二羽の鳩が主人公で、ハラハラしつつも心温まり、そして最後はユーモアで締めるという秀作。イラストにサンフランシスコの名物や名所が余すところなく登場します(表紙にもチャイナタウンの門が描かれているところがミソ)。

やはり「とんでとんでロサンゼルス」では物語にならない。サンフランシスコは街だけでストーリーがつくれちゃう街なのです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/269-c22e49fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。