上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三回はコープランドと彼が生み出したアメリカ音楽です。
Keeping Score: Revolutions in Music Keeping Score: Revolutions in Music
Copland、Sfs 他 (2006/12/12)

この商品の詳細を見る

コープランドは、始めは前衛的な音楽に傾倒する。しかし、大恐慌と戦争という社会的な影響から、次第に社会とアーティストの関わりを考えるようになり、多様なアメリカ人皆が共有できる音楽とは何かを探求する。そして最後に、シンプルな音楽に至るという過程を辿る内容。

音楽を実際に聴きながらその変遷を辿っていくのが非常に興味深いし、最後に奏でられる「アパラチアの春」とコープランドの姿が、一人の芸術家の生き様として圧倒的な迫力です。

アメリカ音楽を伝承するという観点と、社会にとってアーティストの果たす役割を考えるという点から、今回コープランドを採り上げたのだと思われます。

ドキュメンタリーに続く演奏は、「アパラチアの春」のオリジナルバージョンで、13人で演奏されています。コープランドが辿り着いた境地をたっぷり堪能できます。

ウェブ版の方は、コープランドの人生をいくつかの時代に分け、年代ごとにより詳しく社会背景や音楽を辿ることができます。本人の資料も多く残っており、充実した内容。

keeping scoreウェブ版

今回は、ティルソン・トーマスが前衛的な音楽をピアノで弾くシーンがいっぱいありますが、見事なはまりっぷり。トーンクラスターのセンスだけでも見て損はないくらい。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/27-19d17c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。