上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「彼らについて詳しく知りたい!」と思った出会いの曲。


Mahler: Symphony No. 5 [Hybrid SACD] Mahler: Symphony No. 5 [Hybrid SACD]
Gustav Mahler、 他 (2006/10/10)
San Francisco Symphon

この商品の詳細を見る


第二楽章、ティルソン・トーマス(MTT)の持ち前である、核心をつくようなリズムとブレないテンポが生み出す世界は、パラダイムが違うと感じさせます。

この5番に限らず、私が彼らのマーラーに惹かれるのは、「美しさ」「悲しみ」「叫び」などが、曲の各構成要素を積み上げていった先に立ち昇ってくるように感じられる点です。これは爆演系のように渾然一体となって迫ってくる感動とは種類が異なります。

もの足りなく、つまらない?

でも彼らの後では、他の演奏が隙だらけに聴こえてしまうのです。


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/3-f30cd8c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。