上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ一作目。今聴いても衝撃的。
Symphony 6 (Hybr) Symphony 6 (Hybr)
Gustav Mahler、 他 (2004/11/09)
San Francisco Sym
この商品の詳細を見る

サンフランシスコ交響楽団の音楽監督に就任して6年後に出したこのCDは、いろいろな意味でティルソン・トーマス(MTT)からの挑戦状のような気がします。

まず、スター指揮者と人気オーケストラが短い準備期間で作ったものが、大量に消費されているという現状に対して、サンフランシスコ交響楽団と徹底した音楽を作り上げるという選択をしたことの成果を見せつけているという点。

そして、レコード会社のM&Aに翻弄されるアーティストという現状に対して、サンフランシスコ交響楽団の自主レーベルで最高水準のものを出してきたという点。

さらに言うと、マーラーのCDが高い評価を得たタイミングで、2004年にKEEPING SCOREで自身の音楽を作り上げる過程を見せたということも、

「ここまでできるか」

という彼からの挑発のような気がします。

さてCDですが、これは9.11の翌日からのライブ録音ですが、そうした社会的混乱下にあるということに流されてはいません。

作品には、それ自身がもつ絶対的な価値があり、それは外部的なものに左右されない(=真理は揺るがない)。

ということが、ティルソン・トーマスのメッセージなのではないかと私は思っています。

オーケストラはこのためにどれほどの準備をしたのだろうと思わずにいられませんし、再現される一音一音からは録音スタッフの気合を感じます。

これだけのものを世の中に出したサンフランシスコ交響楽団。ティルソン・トーマスはもちろん、マネジメント陣の力を感じます。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/30-5c05d565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。