上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「のだめカンタービレ」ブームがとどまるところを知らない勢いです。

コミックを読んで、どんな演奏なのかと想像するのが結構楽しかったりしますが、のだめの音楽のイメージって、私の中ではフルートのシャロン・ベザリーです。

羽の生えたような音と何ものにも束縛されない、技術も表現も枠のはめようがない感じが。

今年6月に来日した時、聴きに行きましたが、笛1本背負って日本にやって来たみたいな風情で、世間一般の若い女性アーティストとはかけ離れた雰囲気をかもし出していました。

演奏会も日経ミューズサロンという、何か昔ながらの鑑賞会みたいな独特の雰囲気がある催しで、ベザリーの自由な音楽とのアンマッチ感が不思議でした。

違う星に行ったっきり戻ってこれないかもしれない?カデンツァ。
Mozart: Flute Concertos; Rondo; Andante [Includes the Bis 2005 Catalog] [Hybrid SACD] Mozart: Flute Concertos; Rondo; Andante [Includes the Bis 2005 Catalog] [Hybrid SACD]
Wolfgang Amadeus Mozart、 他 (2005/10/03)
Bis
この商品の詳細を見る

では千秋のイメージは? 私の中ではどうも彼の音楽のイメージがあまり広がらないのです。

さて、今日はドラマの最終回。何だかんだ言いつつも楽しめたように思います。玉木千秋の指揮ぶりにもうつっこみを入れられないと思うと寂しいです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/33-d8766dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。