上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もちろん、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団が作り上げる音楽のセンスや明るいサウンドに共感したというのもあります。

しかしそれよりも、KEEPING SCORE のコンテンツを見たとき、こういう活動が存在することを日本人が知らないまま過ぎてしまうのは、何か違うと感じたからです。

というのも、彼らに興味を持って以来、日本の音楽雑誌などで彼らの記事がないかと探してみたものの、マーラーのCDの紹介くらいしか発見できなかったのです。

唯一「レコード芸術」のアメリカからのニュースの中で、向こうのジャーナリストがKEEPING SCOREをとり上げていましたが、ルネ・フレミングの記事に隠れてほとんど誰も気づかないくらいの扱いでした(ルネ・フレミングの見出しでは、オペラ好きの内のメト系演出ウェルカムという人しか反応しない)。

ともかく、彼らのコンテンツに人を動かすパワーがあったということでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/38-7fd37495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。