上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団の資金調達部隊が専門家集団だというお話をしました。

でも、いくら彼らがプロフェッショナルでも、それだけで社会の共感を得、資金調達することはできません。

そう、ビジョンを語るリーダーの存在です。

いろいろなリリースを見ると、ティルソン・トーマス(MTT)は、オーケストラやクラシック音楽が社会にとってどういう役割を果たすのかについて、社会に対して自分の言葉で明確に語っています。

アメリカ社会のリーダーは皆そうなのかもしれませんが、社会に対してシンプルで明確なメッセージを発し続けることは、非常に重要だと思います。

もちろん、彼らの作りあげる音楽が生命感にあふれていて、聴く人に社会にとって必要だと思わせるという点が前提にあるわけですが。

今となっては、支援者がいるからいろいろなことができる。そうするとその音楽を聴いて新たな支援者が現れるという完全にプラスのサイクルになっているようです。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/42-9b713f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。