上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年を台湾で迎えた我が家。
1月1日は、台北で国家交響楽団(NSO)と台湾の歌手による「メリーウィドゥ」のニューイヤーコンサートへ。

中正記念堂にある国家音楽庁(コンサートホール)


場所は、中正紀念堂にある国家音楽庁(写真)。派手な外観ですが、中は意外に地味目なコンサートホールでした。

ステージの半分にオーケストラがのって、残りの半分がオペレッタの舞台という設定。狂言回し役の役者さんが登場し、歌手の演技は少なめですが、全曲やっていました(歌詞は原語、セリフは中国語)。

ハンナは金持ち中華マダムといった風情で貫禄充分、ダニロも熱いキャラで、皆歌も演技も達者。オーケストラも若々しい感じで、おなじみメンバーなのでしょう。お客さんの反応のストレートで熱いこと!

オペレッタを観に行って手拍子するのがそれはもう大好きな私としては、台湾でもそれができて感激。

最後に客席天井のくす玉が割れて、たくさんの風船が降ってきて大満足。

幸せなニューイヤーの幕開けでした。謝謝。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/44-f99c3011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。