上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/6のNHKBSのクラシックロイヤルシートは、サロネン&ロスフィルでした。

このロスフィルとサンフランシスコ交響楽団は同じカリフォルニアで、お互いに競い合って盛り上げている関係です。

曲はハイドンの交響曲「くま」と「展覧会の絵」

演奏の印象は、昨年出た「春の祭典」のCDを聴いたときと同じで、とても若々しく活力あふれるもの。

曲が終わった直後に、客席から「キャーッ」というような歓声が上がったのに驚きました。これはサンフランシスコにはない。

ロスフィルとサンフランシスコ交響楽団を比較すると、どちらも明るいサウンドながら、ロスフィルは若くて輝かしい感じ、サンフランシスコはハイセンスでコントロールが効いている音楽と個性がはっきりしていていい。

ウォルトディズニーコンサートホールでぜひ聴いてみたいです。

CDはこちら↓
ストラヴィンスキー:春の祭典 / サロネン(エサ=ペッカ)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/46-30faf98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。