上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は1/4にハイビジョンが映るお宅で見せていただいたのですが、バレエとお花の映像にうっとり。

一番印象に残ったのは、やはりメータのスピーチです。毎年、「Prosit Neujahr!」の前に指揮者が一言話しますが、今年はブルガリアとルーマニアのEU加盟を歓迎するという内容でした。

確か、ユーロの通貨が流通を開始する年も、その旗がステージに大きく掲げられていたように記憶していますが、やはり全世界にテレビ中継されるあのコンサートは絶好のEUアピールの場なのでしょう。

ヨーロッパに出かけると感じるのは、日本にいて報道される割合やもろもろから抱く日本人の一般的な感覚よりも、実際のEUのプレゼンスは大きいということ。

ユーロ高にしても、日本の輸出企業の業績押し上げになるし、日欧の金利差から仕方がないのかとも思いますが、長期的に見てこのままなされるがままでいいのかなと思ったりします。

さて、音楽の話に戻り、来年の指揮者はプレートルとのこと。
大変に喜ばしいことです。ものすごくエネルギッシュですから、全世界の高齢者に夢と希望を与えること間違いなし!思い切ってやっていただきたいものです。

ところでウィーンといえば、昨年行ったとき、国立歌劇場の建物正面にスポンサー企業のロゴがぶら下がっていたり、子どものためのオペラプロジェクトの看板が掲げられ、さらにそのスポンサーが携帯電話の会社だったのを見、驚くとともに時代の流れを感じました。なにせ保守的イメージのウィーンで、国を象徴する観光スポットに看板ですから。

そのうち楽友協会にも、看板が掲げられる日が来るのでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/47-055b646e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。