上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団が、社会に対してオーケストラやクラシック音楽が果たす役割について、メッセージを発しながら活動しているというお話をしました。

これは裏を返せば、アメリカ社会では、常に自分たちの存在価値をアピールしていかなければ生き残れないということなのでしょう。

これに比べて、ヨーロッパのオーケストラがここまでこのようなアピールをしていることろは、あまり目にしません。

ヨーロッパは、国などの公的支援の比率がアメリカよりも高いし、芸術家が芸術家であるだけで、一定の尊敬をもって扱ってもらえる社会だということなのでしょう。

日本人アーティストにしても、大植英次さんとか五嶋みどりさんとか、アメリカでの活躍の度合いが高い人の方が、社会に対してもメッセージを発しているように思います。

大植さんが音楽監督の大阪フィルハーモニー交響楽団
せっかくいろいろ活動しているようなのに、ホームページに掲載がないのは残念。

五嶋さんのミュージック・シェアリング
さすがいろいろな活動をされています。五嶋さんは、今シーズンは昨年10月にサンフランシスコ交響楽団にソリストとして登場なさいました。

日本はクラシック音楽に関しては、圧倒的にヨーロッパ志向のように思いますが、アメリカから学べることもたくさんあるように感じます。

私自身も、ずっとアメリカのオーケストラは、音が大きくて金管が派手に鳴っているイメージでしたが、今となっては何を根拠にそう思ったのか不明。ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽は、決して力で押さないし、どこまでもしなやかです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/48-de7def51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。