上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽は、コントロールが効いている感じがします。CDの評などでも、ティルソン・トーマス(MTT)には、オーケストラを完璧にコントロールするテクニックがあるというように書かれているのを見たりします。この「コントロール」とは何かと考えると、

音楽が一つに統一されていて、オーケストラを自在に操っているように聴こえる

ということだと思います。どんなテクニックなのでしょう?

私はこれを探るべく、ビデオの映像を観察しました。

でもティルソン・トーマスの棒は、シンプル・正確・基本に忠実にしか見えない。流麗さという点では、ひざのクッションと振り下ろした時の腕の脱力が関係あるのかなと思いましたが、他に特別なことはなさそう。

そして、結論。「コントロール」の正体は、コミュニケーションの量が非常に多いということに尽きると。

舞台上で身体や目を使って出している情報ももちろん多いですが、ライブラリアンの活躍から始まり、メンバーとの打ち合わせ、どういう音楽にしたいか言葉でも語ること、相手の反応にリアクションすること、指揮者だけではなく、メンバー同士もお互いをよく見て演奏することなど、彼らの中を流れるコミュニケーションの量が多いということ。

また雰囲気も、ティルソン・トーマスは言っていることの中味は無理難題っぽいのに、相手に提案する口調で押し付けないし、「大変かもしれないけれど、やってみて」という感じなのです。

そして彼やメンバーの話から総合すると、これらを積み重ねながら、自分たちのサウンドを時間をかけて作り上げてきたということのようです。

誰にでもできそうで、できなさそう。特別な指揮法があるよりも、もしかしたら実行するのは難しいかもしれません。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/49-bea500ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。