上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の音楽生活のインフラに、衛星デジタルラジオ放送の「ミュージックバード」があります。いろいろなジャンルの中で、うちは「THE CLASSIC」というクラシック音楽専門のチャンネルを契約していて、もう10年近くになります。

私は朝起きるとまず、ラジオのスイッチを入れます。朝のテレビ情報番組を見なくても平気に暮らせるものです。

これの何が便利かというと、どの音楽をかけるか悩まなくてよいという点。

自分でCDを選ぶと、同じジャンル、同じ作曲家、同じアーティスト、ひいては同じ曲を選びがちです。

でも、この放送なら、普段自分ではなかなか選ばないジャンルや曲がいろいろと聴けるので、新たな発見があって楽しいのです。

難点は、いつも音楽をかけていると、逆に聞き流してしまうことでしょうか。

放送ではいろいろな番組があります。新譜がいろいろ聴けるものとか、ヨーロッパの音楽祭やコンサートのライブをいち早く聴ける番組もあります。

今までで一番印象に残っているのは、グラーツでやったアーノンクールのヴェルディ「レクイエム」のライブ。その後に出たウィーンフィルとのCDがごく普通の演奏に聴こえたくらいでした。

「メトロポリタンオペラライヴ」の番組も楽しいです。これはアメリカのラジオ放送を流しているのですが、劇場が盛り上がっている様子がよく伝わってきます。幕間の休憩時間が長いので、その間にトークやオペラに関するクイズをやっていたりとか、スポンサーのアピールの仕方とか、そういう伝え方の工夫みたいなものが聴いていて面白いです。

最近はインターネットラジオでもいろいろやっていますが、手軽に高音質という点で、おススメです。

「THE CLASSIC」のウェブサイト
http://musicbird.jp/channels/musicbird/theclassic/index.html
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/52-3e6aff8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。