上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランチェスター経営の本を読んで、オーケストラも同じ発想ができると思いました。

他よりも競争力のある商品=核になるレパートリーの存在

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で考えてみると、第一はやはりマーラー。

プログラムの紹介で、「It’s trademark」というだけで、すべてが通じてしまうってすごいことだと思います。ここではマーラー演奏では世界一かも?というレベルまで突き抜けているという点がポイントでしょう。

第二の核は、いわゆるアメリカものでしょうか。彼らのアメリカものは、本当にオープンで躍動感にあふれていて魅力的です。

これはやはりティルソン・トーマス(MTT)が、若い頃から作曲家本人との交流の中で培ってきたものが大きく、他の追随を許さない。また彼もアメリカ音楽を伝承していくということを非常に重要視しているように思います。

これらの中には、当然現代曲も多いのですが、聴く人に「面白い」と思わせるところが、他が容易にまねできない競争優位性なのだと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/64-6d2b1a7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。