上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団の音楽づくりは、洗練されていてハイセンスですが、これとは対極にあるロシアのオーケストラも好きです。

モスクワ放送響など来日すると、つい出掛けてしまいます。そして音楽を聴くと、「うわっ、あか抜けない」と思うのですが、かっこ良くなくても泥臭くても、

「これが、俺たちの音楽さ!」

という感じで、堂々と胸をはって演奏している姿を見ると、もうそれだけで曲の冒頭から胸が熱くなります。

これと同じ感覚を、チェコでビールを飲んだときに感じました。

日本のビールみたいに冷やしていないし、雑味がいっぱい感じられるのですが、それが逆に何とも言えない独特の味わいになっている。

翻って日本のビールは、コマーシャルでやっているように、2つくらいのキーワード(コク、キレ、すっきり、まろやか等)で見事に言い当てられる味だと思います。余分なものは取り除かれていて、目標に向かってよそ見をしない感じ。そして技術力があって、品質にもばらつきがない。

これは、日本のオーケストラから受ける印象とも似ているような気がします。

でもひょっとしたら、余分なものだと判断されたものの中に、個性とか精神的な豊かさにつながるものがあるのかも知れません。

ビールの味もオーケストラの音楽も元を辿っていくと、日本社会の多様性に対するスタンスとか、マスとしての嗜好みたいなものに行き着き、それが反映された諸現象だから似ていると感じるのかなと思います。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/65-47600290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。