上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リッツ・カールトンも顔負け(?)にがんばっています。

当日キャンセル
コンサート当日に急に行けなくなった場合、コンサートの一時間前までに電話すると、キャンセル待ち(彼らはよくsold outになる)の人に、チケットを譲ることができる。譲った人は寄付として、税の優遇が受けられる。

チケット交換サービス
都合が悪くなったとき、他の公演日に空きがあれば交換できるサービス。定期会員だけでなくシングルチケット(一回毎のチケット)でもできる。受付は、ボックスオフィス・郵送・ファックス・電話。いくつか制限事項がありますが、定期会員は無料で交換することも可能。

受付期限は、公演の24時間前まで(!)。しかも、公演チケットだけでなく駐車場のバウチャーも同時に手続きできます。

このサービス、実際にどれだけの利用があるのかわかりませんが、いつでも交換できるということが、定期会員としてセットでチケットを買う時の心理的障壁を下げるのに非常に効果があると思います。

バーコーナーの飲み物プレオーダー
あらかじめ電話でオーダーしておくと、休憩時間などに待たずに飲み物を受け取ることができる。ボックス席の人は、ボックスまで持って来てもらえる。

これは簡単なことなのに盲点でした。休憩時間にバーコーナーやトイレに並ぶと損したような気がしますもの。

公演翌朝の忘れ物対応専用電話
朝8時30分から受付!

公演中の緊急連絡受付専用電話
携帯電話の電源切っていますから。

詳しい駐車場マップ
ホール周辺の13箇所の駐車場マップ、キャパシティの表示付。さすがモータリゼーションの国アメリカ。

車椅子・補聴器の用意
定期会員の申込時に一括して依頼できます。
私が行ったときは、盲導犬を連れて来ている人も見かけました。

チケットのキャンセル待ち受付

グループ割引
10人以上のグループでチケットを買うと20%引き

ご意見受付
サービスについても音楽のことでもどうぞ。受付方法は、郵便・電話・Eメール。担当者の名前も書いてあります。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/80-180bd064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。