上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンフランシスコ交響楽団のチケットを買うとき、もれなく寄付のお願い(節税の恩恵あり)がついてきます。

その依頼文を読むと、チケット収入は年間支出の半分だとあります。

彼らは実に多くの教育プログラム(詳細は別途とり上げます)や無料コンサートなどもやっているし、ホールも自前なのでその維持管理費も含めて考えると、支出の半分をチケット収入で賄っているというのは、すごいことなのかもしれません。

他方で、半分は厳しいという気もします。

2/5(月)のテレビ東京のワールドビジネスサテライトでは、オーケストラをとり上げていました。

その中で、日本のオーケストラは、収入に占める行政からの補助金の割合が高い(団体によっては半分を占める)ため、財務バランスを改善しようといろいろな新しい取り組みをしていると紹介していました。

その中で、株式会社のオーケストラが誕生して、チケット収入で賄える仕組みづくりにチャレンジしているとのこと。

音楽に何を求めるかの基準は人それぞれだし、クラシック音楽を提供するいろいろなスタイルがあっていいと思うので、新しい風が吹くのは、歓迎すべきことだと思います。

今後どう展開していくのでしょうか、注目です。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mttsfs.blog76.fc2.com/tb.php/83-a1ba436f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

潮 博恵

Author:潮 博恵
MTT&SFSの音楽センスと革新的な活動に感銘を受け、ブログを開設。

【続・徹底研究】ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団で、よりわかりやすく彼らの活動と最新情報をご覧いただけます
続・徹底研究MTT&SFS


著作権分野の英文契約書作成等の行政書士をやっています。
うしお行政書士事務所

全ての記事を表示する
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
携帯でもご覧いただけます
 
QRコード
ご意見・ご感想などは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。